コンテントヘッダー

カーディガンでショー


先週しばらく雨が続いたので外ロケに出かけることができず、予定を変更して部屋撮りにしました。
一年前、カーディガンを着た状態の制服撮りをしていましたが、今年は寒の戻りがあり春の暖かさがありカーディガンを着させる感じにはなりませんでした。
ドールの場合、制服でも全体が黒っぽくなってしまう冬の制服は避けています。それで、ナナミの制服のような白がある合い服のが良いと思っています。


舞ちゃんも着れるカーディガンは、お花の柄といちご柄の2種類だったような記憶です。この前、ナース服の上に着せるために作ったツムツム柄のカーディガンは舞ちゃんサイズは作ったのか、もう記憶が曖昧になっています。まあ、衣装箱を開けてみてあれば作ったんだということです。
いちご柄のカーディガンは、この時期いちごのビニールハウスでのいちご狩りにでも出かけたときにでも使おうかとも少し思ったのですが、去年いちごのビニールハウスの前まで行ったとき、予約があるのか?、とふらりと来るフリー客はお断りしている事を言われました。
HP側記事内容は、カーディガンでショー をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ナナミの制服


今回は、放課後秋葉原ガールズのナナミの制服です。
ナナミの制服は2013年3月のホームタウンドルパ大阪7とそのアフターで販売がされたようです。私はヤフオクで1着と楽天のオークションで1着購入したような記憶です。ドルパ大阪とアフターのときには花ちゃんと咲ちゃんがいたのですが、まだ販売についての把握ができていませんでした。
服は今時のようなセーラー襟のあるトップスとボックスプリーツのスカート、ソックス、黒のスニーカーという全て揃ったセット品です。今週、ヤフオクでナナミの制服の新品が出ていて、安値スタートでかなりの数の入札があるようです。


部屋撮りにしても外ロケにしても、スタンドを使うこともありますがドールをできるだけ自立させようとしています。そのとき、スニーカーを履かせていると靴底が平らで足のサイズより少し大きいので自立させやすくなります。スタンドをできるだけ使わないのは、写真の中にスタンドを写したくないだけです。このナナミの制服の黒いスニーカーもこの制服以外でもけっこう使っています。


舞ちゃんの着ている服は、卒業・入学用の服です。安売りの洋品店に出かけたとき、舞ちゃんのパンツとソックスを買うためだったのですが、この服が目にとまったのです。イオンで見る卒業・入学用の服は1万円を超えています。それが、3600円だったのです。少し悩みましたが舞ちゃんサイズということもあり買ってしまいました。この服とパンツとソックスなら孫へのプレゼントぐらいに見えるでしょう。これを買うぐらいのことで、もうドキドキ状態にはなりません。
この服も安い訳がありました。シャツの首まわりサイズが大きいので着せるとスカスカ状態で、襟の後ろで 5cm程縮めました。

次週は「カーディガンでショー」、「犬山祭<1>」、「フラワーパークのチューリップ」の掲載予定です。


昔からそうだったのでしょうが、一部のテレビCMが過度な表現になっているように思えてなりません。例えば自動車保険のCMで "No.1" をやたらと強調しているところがあります。"No.1" は組織のリソース配分を偏らせていて、多くのリソースを使える部署は業績が上がり "No.1" も達成できるでしょう。しかし、少ないリソースしか使えない部署では、ひずみがどうしても出てしまいます。そして "No.1" は、集計の仕方でどうにでもなることは皆さんご存じのはずです。一方、同じく自動車保険のCMで「心にまで向き合う/花びらの笑顔篇」として、女の子が描いている事故した車の絵に保険担当者が花びらを添えるCMがあります。保険料の安さや事故対応力は魅力なのは事実ですが、「心にまで向き合う、事故対応でありたい。」、これが本質であることは大方の方はご存じのはずです。
企業や政府、役所にしても目先のことや保身ばかりに捕らわれないで、顧客や国民の「心にまで向き合う」ことをして欲しいものです。そして、我々もしっかりとした目を持ちたいものです。
CMを見るには、「心にまで向き合う/花びらの笑顔篇」 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

木曽三川公園のチューリップ


今回はチューリップのお花畑です。
木曽三川公園はいくつかあって、木曽三川公園センターです。愛知・岐阜・三重の3県の境目あたりにあり、春のチューリップが有名で一年にこの時期に一度訪ねています。そして、入場と駐車場も無料ということで、大変助かります。
去年は休日に訪ねたのかもしれませんが、道路も混んでいて、駐車場も満杯に近く、公園内も多くの人出で混んでいました。今年は先週の平日に早めに行動をしました。そして、地植のチューリップも少し開花が遅いようにも感じましたが、十分楽しめました。


チューリップも雨が降る天気では、花びらを開くことはしません。当日は曇り空ながら少し日がさすような天気でしたが、きれいに花びらを開いていました。上の写真は木曽三川を表しているようで、同じ色のチューリップが川の流れのように見えます。
HP側記事内容は、木曽三川公園のチューリップ をクリックしてください。


コンテントヘッダー

あつた朔日(ついたち)市


4月1・2日に犬山祭があるということで、4月1日に出かけようと計画していました。テレビで「あつた朔日(ついたち)市」のことを知り、犬山に向かう前に寄る計画に加えました。あつた朔日市で販売される「あつた宮餅」が目的ですが、そういうことでも熱田神宮へお参りするのですからOKでしょう。
熱田神宮の主神の熱田大神は、三種の神器の一つの草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)としての天照大神(あまてらすおおかみ)のことです。素戔嗚尊(すさのおのみこと)が出雲国で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したとき、その尾より出現したもので、神剣は天照大神に献上され、その後天皇家に受け継がれる三種の神器の一つです。
あつた宮餅の箱の中に入っている説明書から「朔日参り」とは、毎月1日(朔日)に神社・仏閣に参拝する古くから伝わる風習のことです。


この写真はあつた宮餅の箱ですが、あつた朔日市の一番奥のテントで午前11時から販売されます。4月1日は土曜日ということで9時にはもう列ができていて、9時半に整理券が配られました。中身の写真はHP側記事に掲載してありますが、お餅が5つと蜜が1つ入っています。3つの餅は毎月同じですが、2つは季節に合わせたお餅になっていて、4月は桜餅です。
あつた宮餅の箱の中に入っている説明書から「あつた宮餅」とは、東海道随一の繁栄誇った「宮の宿」この歴史と誇りある町「熱田(宮宿)」のにぎわいを後世へ伝えるため、ゆかりある企業・団体が「あつた宮宿会」を結成しました。「あつた宮餅」は、あつた蓬莱軒・きょめ餅総本家・妙香園・亀屋芳広がコラボし、朔日参りの参拝者をおもてなしいたします。
HP側記事内容は、あつた朔日市 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ジャンスカでショー


今回は出番の少ない服というより、出番のほとんどない服でファッションショーです。
ドール服を自作し始めた頃はジャンパースカートでしたが、この写真のような隅にハート柄がある生地でそのハートをスカート裾に使うという、始めて作るドール服としては技のようなものを使って可愛くしました。今では背開きはスナップボタンを付けていますが、この頃はコーンシールファスナー(隠すことのできるもの)でやっていましたが、このファスナーの生地への縫い付けがもう大変な状態でした。こんな大変なファスナーの縫い付けがあるならドール服作りなどやりたくない、と思ったほどです。何でもそうですが繰り返しやるうちに、ポイントを押さえてやれば以外と簡単になりました。
制服のシャツにそのままジャンスカを着ていますので、少々組み合わせが変かもしれません。


クマモンのプリントがされた生地で作ったジャンスカです。
1年前の今頃、数多くの地震があった熊本地震からもうすぐ1年です。今でも熊本では余震があるようですが、くれぐれもご注意ください。私の地元では東海沖などを震源とする3連動地震が懸念されていますが、我が家での地震に対する備えは本当に微々たるものです。住んでいるところが海面から 15mということで津波も来ないだろうという安心感から、備えが進まないのも現実でしょう。そして、地震への備えにもお金がかかるので、それもネックになっています。
HP側記事内容は、ジャンスカでショー をクリックしてください。


プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター