コンテントヘッダー

ナナミの制服


今回は、放課後秋葉原ガールズのナナミの制服です。
ナナミの制服は2013年3月のホームタウンドルパ大阪7とそのアフターで販売がされたようです。私はヤフオクで1着と楽天のオークションで1着購入したような記憶です。ドルパ大阪とアフターのときには花ちゃんと咲ちゃんがいたのですが、まだ販売についての把握ができていませんでした。
服は今時のようなセーラー襟のあるトップスとボックスプリーツのスカート、ソックス、黒のスニーカーという全て揃ったセット品です。今週、ヤフオクでナナミの制服の新品が出ていて、安値スタートでかなりの数の入札があるようです。


部屋撮りにしても外ロケにしても、スタンドを使うこともありますがドールをできるだけ自立させようとしています。そのとき、スニーカーを履かせていると靴底が平らで足のサイズより少し大きいので自立させやすくなります。スタンドをできるだけ使わないのは、写真の中にスタンドを写したくないだけです。このナナミの制服の黒いスニーカーもこの制服以外でもけっこう使っています。


舞ちゃんの着ている服は、卒業・入学用の服です。安売りの洋品店に出かけたとき、舞ちゃんのパンツとソックスを買うためだったのですが、この服が目にとまったのです。イオンで見る卒業・入学用の服は1万円を超えています。それが、3600円だったのです。少し悩みましたが舞ちゃんサイズということもあり買ってしまいました。この服とパンツとソックスなら孫へのプレゼントぐらいに見えるでしょう。これを買うぐらいのことで、もうドキドキ状態にはなりません。
この服も安い訳がありました。シャツの首まわりサイズが大きいので着せるとスカスカ状態で、襟の後ろで 5cm程縮めました。

次週は「カーディガンでショー」、「犬山祭<1>」、「フラワーパークのチューリップ」の掲載予定です。


昔からそうだったのでしょうが、一部のテレビCMが過度な表現になっているように思えてなりません。例えば自動車保険のCMで "No.1" をやたらと強調しているところがあります。"No.1" は組織のリソース配分を偏らせていて、多くのリソースを使える部署は業績が上がり "No.1" も達成できるでしょう。しかし、少ないリソースしか使えない部署では、ひずみがどうしても出てしまいます。そして "No.1" は、集計の仕方でどうにでもなることは皆さんご存じのはずです。一方、同じく自動車保険のCMで「心にまで向き合う/花びらの笑顔篇」として、女の子が描いている事故した車の絵に保険担当者が花びらを添えるCMがあります。保険料の安さや事故対応力は魅力なのは事実ですが、「心にまで向き合う、事故対応でありたい。」、これが本質であることは大方の方はご存じのはずです。
企業や政府、役所にしても目先のことや保身ばかりに捕らわれないで、顧客や国民の「心にまで向き合う」ことをして欲しいものです。そして、我々もしっかりとした目を持ちたいものです。
CMを見るには、「心にまで向き合う/花びらの笑顔篇」 をクリックしてください。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「恋,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター