コンテントヘッダー

トヨタ産業技術記念館


2月の終わりに長久手にあるトヨタ博物館の記事を掲載したのですが、古い自動車を見たいのならトヨタ博物館はすばらしいです。
今回は名古屋駅から歩いても行けるところにあるトヨタ産業技術記念館です。そして、映画「LEADERS」の場面が想像できる場所です。
今ではトヨタ自動車があまりにも有名で、この地域では何らかの恩恵を受けているのは事実です。その前はというと、豊田佐吉が自動織機を作ったことから始まったのですが、その織機と自動車の歴史を見ることができる場所です。館内には説明していだける方が何名もいて、その方のお話を聞きながらまわりました。そんな説明があると、織機の構造や初期の頃のトヨタ車の特徴など大変わかりやすかったです。何でもそうなんでしょうが、時間に追われる見物ではダメで説明を聞ける余裕が必要です。


長久手のトヨタ博物館はトヨタ車に限定されていないのですが、ここはトヨタの歴史で構成されていて、長久手のときはボンネットマスコットに注目したのですが、ここではエンブレムにも注目しました。初代カローラのエンブレムに見られるCの字の上にお花が3つが、カローラ(花冠:はなかんむり)を意味しているのがわかり楽しかったです。今のカローラのエンブレムが格好良さでCの字に~となっていて、花冠の意味合いがなくなってしまって残念です。
名古屋駅前のロータリーから少し左へ行くと "なごや観光ルートバス" の乗り場があります。それに乗ると1つめの停まるところがトヨタ産業技術記念館です。私は名古屋駅に戻るときなごや観光ルートバスを利用しました。そのバスを待っている場所から、名古屋駅から発車や名古屋駅に到着するJRや名鉄の車両が見え、バスを待っていても楽しかったです。
HP側記事内容は、トヨタ産業技術記念館 をクリックしてください。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター