コンテントヘッダー

まずは縁側で


今回は、縁側での撮影です。
春ちゃんと多くの外ロケをしてきましたが、昨年からは月に1回のペースにしています。それは、浜名湖を臨む場所で軽ワンボックスに乗った方に恐い形相で監視をされてから、どんなに頑張っても悪いイメージとして見られるので回数を減らしています。舞ちゃんに変わったからと言っても、条件が良くなるとはとても思えません。等身大ドールが世間の人が見ても異様に思われない方法はないのでしょうか。まあ、ソフトバンクのロボットのペッパーがあのぐらいだから、まだ受け入れられるのでしょう。もっと高機能になったり、人間の姿に近いと異様に見られることが起きるのでしょう。
オバマ大統領が最後の演説で、"多様性を受け入れられる社会" と述べていたようですが、そんな社会からは遠ざかっていくようにしか見えないのが、とても残念です。


舞ちゃんのヘッドとボディのジョイントは、ボディの首に棒があるものでヘッドにはその棒を差し込む穴があいています。ヘッドの向きを変えるには、棒を中心にヘッドがまわるだけでとても簡単にできます。ヘッドの傾きを変えるのは、ボディ側の首下の関節で傾けます。表情を作るときヘッドの向きの調整が必要になり、首下の関節の傷みが心配されます。今現在、そのヘッドの向きがどうあると、どういう表情になるかをつかんでいる状況です。
HP側記事内容は、まずは縁側で をクリックしてください。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター