コンテントヘッダー

クラシカルローズワルツ


今回は純正品のクラシカルローズワルツです。
純正品といっても、手を加えてしまったので元の姿と違います。
クラシックローズワルツは2016年5月のドルパでの販売で、カンカン帽、ベスト、ジャボ、ブラウス、スカート、ソックスのセット品です。
6月の初旬に東京へ出かけたとき、ドールポイントで衝動買いしてしまったものです。買うときに良く見れば良かったのですが、DDSはL胸のみ対応になっていました。うちの子に着せてみてやけにブカブカでした。うちの子はみんなDDSのM胸に変えてあるからかもしれません。6月に着せて撮影したとき、ジャボというのがわからず使いませんでした。今回ネットで見たらネクタイのように使うのだとわかりました。
なおブラウスが半袖なので今回、代わりに先々週のまじかるアクアドレスのブラウスが長袖なのでそれを着ています。


今回ブラウスは違うものを着ていますが、スナップボタンの位置を変えて首まわりを縮めました。ベストは肩の合わせの部分を縮めブカブカ感をなくし、脇の赤いリボンは取ってしまいました。そして、スカートにはチュール素材の生地が付いていましたが、それも取ってしまいました。カンカン帽のピンが取れてしまったのでパッチン止めを付けました。でも、カンカン帽のかぶり方が今イチわかっていません。
かなり元のイメージとは変わってしまいましたが、元のイメージを知らなければそこそこの状態でしょう。


春ちゃんにはクラシックローズワルツに似たドレスがないので、西松屋さんでウールニットセーターとチュール素材が使ってあるスカートが一緒になった服があり、襟元のレースも良かったので買いました。最近トップスとスカートが一緒になった服に目が行き、これも衝動買いっぽいです。
ウール素材を背開きするのは解れてしまいなかなか難しいので、これは肩開きにしてみました。肩のところの縫い合わせを時間をかけて解き、そこにスナップボタンを付けました。肩開きにできるのは、ウールニット素材がけっこう伸びるのでお尻を通せるからです。素材が伸びなければ肩開きではなく背開きになってしまいます。
ソックスは黒地のアーガイル模様のニーソックスです。そして、ちょっと弱いイメージなので、この頃使っているベージュのベレー帽を被せました。

次週は「お家でクリスマスパーティー」、「クリスマスナイトコンサート」、「名古屋SRのクリスマス撮影会」の掲載予定です。

先週の続きですが、数年前の台風で屋根瓦の一部が破損したことを相談しました。その分野の業者だけあって一通り見て、破損した瓦以外にいくつか言うのですが、その説明が不安を導くものなのです。屋根裏に貯まった熱で木が傷んでいるとか、屋根を止めている金具が少ないので強い風で屋根が飛ぶとかです。実際の工事を見て金具はかなりちゃっちいし、・・・、説明と工事内容にかなりの隔たりがありました。結局屋根瓦以外は修繕の緊急性はないのです。業者の説明に踊らされ、何か悪徳業者を選んでしまった感覚です。リフォームはいずれやらなければいけないのは承知しています。でも、どの業者がいいのかわからないのです。
そして、見積の中に足場の費用がかなりの割合を占めるているのです。これは、足場費用の半分がオリンピック工事の方にまわるということで、これはおかしいことです。東京電力の福島第一原発の廃炉費用の一部を新電力に負担させて、国民に押しつけようとしていたり、NTTを維持するためにNTT以外の通信会社にもその費用を負担させています。巨大企業なら事業の失敗を、国民負担でなんとかさせるやり方は間違っています。東京電力やNTTが自らやるべきことです。足場費用の半分をオリンピック工事にまわすなど、国民が知らないうちに決まっているのは明らかにおかしいやり方ではないでしょうか。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター