コンテントヘッダー

天空の城の竹田城跡


今回のバスツアーはかなり早くに申し込みました。ウェブ申し込みの得点として、そば1人前が付いているのですが出石のそばでした。そして、申し込んだ理由は、竹田城跡について何処にあるかさえ知らなかったのでバスツアーが最良の選択でした。姫路城は前に行ったことがあるのでおまけに思っていましたが、以前行った時は平成の大修理直前だったことと、春の桜のお花見季節も重なって混んでいて、天守閣に入れなかったことを現地で思い出すのですから、姫路城はけっしておまけではありませんでした。
この写真は泊まったホテルの敷地にあった牧場のヤギです。女房はヤギを見るとアルプスの少女ハイジに出てくるユキちゃんと呼ぶのですが、エレベーター前の写真に名前が書いてあり、ユキちゃんではありませんでした。おまけですが、添乗員さんは何を勘違いされたか、羊とバスで言っていましたがヤギですよね。


ホテルやお土産の包装紙にも雲海に浮かぶ竹田城跡の写真を見ましたが、竹田城跡にいて竹田城跡全体を写真に収めるのは無理ですね。よく冷えた朝方に川の水が霧となって雲海となるようです。先日の東京が初雪の日にも関東地方のテレビ中継で海面が温泉のごとき状態と同じですね。雲海は去年カミオカンデの見本を見に出かけたとき見させてもらいました。雲海が見れる時期はそろそろ終わりかもしれません。
天空の城というとジブリ映画の「天空の城ラピュタ」になってしまいますが、しょうもないことですが、飛行石のペンダントに呪文を唱えると動き出すなど鉱石に人間の言葉の理解機能を組み込むのは無理なことだから、人間のように魂の一部を組み込まなければなりません。ドールには魂が宿りやすいと言われるように、この飛行石のペンダントも持ち主の意志を反映する魂が宿っているのですね。
HP側記事内容は、天空の城の竹田城跡 をクリックしてください。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター