コンテントヘッダー

白川郷の秋


先週の能登半島の羽咋から東海北陸道の帰り道に寄った白川郷です。
こんな絵のようなかまくらの実物は見たことがありませんが冬場は雪深いところですので、太平洋側に住む者にとって冬場に出かけるのは躊躇してしまいます。
白川郷は外国人観光客も多く、いつも賑わっているように見えます。こんな観光地のポイントは食べ歩きができるものがあるかどうかが一つあるように思えます。少々暑ければソフトクリームがいいのでしょう。ちょうどお昼ぐらいに着いたので、五平餅のみそが焼けるいい臭いがしてさっそく食べました。そうすると、食べている姿を見た他の方もお店に並び五平餅を買うのです。そんな客引きみたいな役をやってしまいましたが、そういうことも必要だと思います。


この日は曇り空ということもあって、暑さというより少々涼しさを感じさせてくれました。コスモスが咲いていてススキが生えていて、合掌造りの家屋に秋の彩りを添えてくれます。コスモスやススキの他にひまわりも咲いていて、この日の雰囲気には少々合いませんが、まだ夏だな~と現実に戻らせてくれます。
白川郷に来ると少々高いところの見晴らしが良いところに足を運ぶべきです。乗り合いのマイクロバスで片道140円、白川郷の村が一望できるすばらしい場所です。
HP側記事内容は、白川郷の秋 をクリックしてください。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター