コンテントヘッダー

法光院の睡蓮


今回は1時間ほどで着けるわりと近くのお寺です。
今年は、大塚国際美術館のモネの睡蓮の絵の手前の池のスイレン、通称モネの池のスイレン、フラーパークのオオガハスと見て来ました。
蓮は、仏教で泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされているので、お寺の庭で栽培されていることが多いようです。それからオオガハスは、古代種の蓮を蘇らせ株分けされたもののようです。
そんな中、テレビCMでこのお寺の蓮・睡蓮が宣伝されていたので出かけました。蓮の大きなきれいなお花もあったのですが、大きな葉っぱの中にお花が隠れていて写真には撮りましたが掲載はしませんでした。そして、この写真のように2色で咲いているスイレンのお花を見ることができ良かったです。


弘法大師様ゆかりのお寺では、四国八十八箇所巡りは大変なので四国八十八箇所のお寺から分けてもらった砂で、四国八十八箇所のお砂踏み巡りができるようにしてあるところがけっこうあります。このお寺では+20のご利益ありがたいお寺を加えて88+20=108という煩悩の数にしてお砂踏み巡りがしてあります。
お砂踏み巡りもしましたが、それよりも四国八十八箇所のご本尊様と弘法大師様のお地蔵様が並べてある四国八十八箇所巡礼山登りをしました。山からの眺めを期待してのことでもあります。ただ、四国八十八箇所のお地蔵様と次々出会うので、その度に手を合わせ山登りの雰囲気ではありませんでした。
HP側記事内容は、法光院の睡蓮 をクリックしてください。

「ひろかと共に・・・」様から、暑中のお見舞いのお写真を戴きました。
ありがとうございます。
ギンガムチェックのサマーワンピで、いつも素敵なひろかさんです。



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「恋,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター