コンテントヘッダー

梅雨空に合わせて


今回は梅雨空に合わせて、水滴柄のシャツと水色のプリーツスカートです。
梅雨空と言っても、大きな被害をもたらした九州や北陸から東北と違って地元は、台風が南沖を足早に通過して少なめの雨をもたらしました。
この時期どんな服装がいいのか迷うところですが、水滴があったり星のきらめきがあったり白いドットもあったりで意味がわかりづらいシャツですが、ヤフオクで買ったものです。始めは長袖でしたが着る時期が合わないのでこの梅雨の時期に合わせて、袖を取ってしまいました。


この頃の作品は娘さんの作みたいですがその前のお母さんの頃の作品で、シャツは少々大きめに作ってありますがスカートの丈は短めです。オーバーニーソックスもありますが、この時期に合わせ制服のときに使っているソックスにしてみました。


舞ちゃんの服は、安売り洋品店で買ったトップスとスカートがくっついたチュニックです。トップスの背開きをするためにトップスとスカートは分離しています。ところで、衣料品の販売は問屋みたいなのがあるのでしょうね、このチュニックは系列が違う他のお店でも見ました。
舞ちゃんにはキッズ用130がちょうど良いのですが、サイズに多少のバラツキがあるのかこのチュニックはキッズ用120サイズです。舞ちゃんのサイズは、座高が少し低く脚が少し長いのかもしれません。そんなことで多少のボディの軽量化がされているのかもしれません。


次週は「傘さし運転!?」、「ぎょぎょランドの亀」、「フラワーパークの蓮」の掲載予定です。

NHKのBSで "涼宮ハルヒの憂鬱" をやっています。本放送の時は見たことがありませんが、どんな番組か再放送で見ています。そのうち "笹の葉ラプソディ" という七夕の内容のときの回が意外と面白かったです。
主人公はキョンなのでしょうが涼宮ハルヒは番組では高1、その涼宮ハルヒが中1のとき校庭に不思議な絵文字を描いたらしいのです。この回で朝比奈みくるとキョンが3年前にタイムトラベルして、中1の涼宮ハルヒの校庭の文字書きを手伝うのです。しかし、3年後に戻れなくなり、3年前の長門有紀宅を訪ね長門有紀が2人の時間の進行を止め、長門有紀宅で3年間寝て3年後に時間の進行を戻され、3年後に戻ったというお話です。
神が2つのものを作ったときから2つのものの間に距離と時間が生まれたようで、時間というものが私にはどうにも理解不能で、我々は時間に縛られまくっています。その時間の進行を止められるなんて神の業ではないかと思われます。



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「恋,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター