コンテントヘッダー

肉球柄のスカート


今回は、手作りの肉球柄のギャザースカートです。
手作り服を始めてもう何年になります。要領も得て、それなりに作るのが楽しいですがいちばん苦になるのは、舞ちゃんサイズの解れ止め処理です。小さい子の服は単純な作業でも、作業時間はそれほどかからないのですが、舞ちゃんサイズは一つの単純な作業も時間がかかってしまいます。それでも、これをやらないと先へ進めないと頑張っています。ミシン縫いは気が緩むと縫い方が粗雑になってしますので、背筋を伸ばして針を注視しています。まるで、瞑想はしていませんが座禅を組んでいる感じかもしれません。
この肉球柄生地は、手芸洋品店で見つけ買ったものです。そして、何年か前に東京であったイベントで買ったレース素材のトップスも今まで使う場面がなく、ようやく今回使うことになりました。最近、現実の女性の服で、チュール素材(透けるもの)やレース素材(柄があり一部透ける)を使った服を着ている方がいます。そして、スカートにもチュール素材が使われていますが、私はちょっとチュール素材の使いすぎに見えます。


背景のお花は、朝の散歩コースの公民館敷地に咲いていたお花です。アヤメ、カキツバタの区別がよくわかりませんが、カキツバタは水辺近くの湿地に咲くもののようですのでアヤメかもしれません。こんなオシャレなお花があるのは嬉しいことです。


舞ちゃんの肉球柄スカートも去年一緒に作りました。この頃、できるだけ小さい子用と一緒に舞ちゃんサイズのものも作ろうと努力はしていますが、全てそうできるわけではありません。トップスの方はチュール素材でできた服ですが、どこのお店で買ったのか記憶が既に定かではありません。そして、袖口にもひらひらした生地がついていましたが、ちょっとくどい感じなので取ってしまいました。こんな今時の流行を入れた服もキッズ用に作られていて、あまりにも子供っぽいものはできるだけ選ばないようにしていて、普通の女性用サイズに手出しできない者としては助かります。

次週は「え~!パンダ?」、「お伊勢さん菓子博」、「名古屋SRの若葉薫る初夏」の掲載予定です。


ちょっと商品名がどうかという感じのものですが、ベビーパウダーです。この商品のレビューはネットを見ていただくことにして、私には名前の意味するところの匂いとは思えませんが、着替えなどさせていると石鹸のような感じの匂いがします。
それでもなぜ使っているのか、アルテトキオの新シリコンは柔肌のため、扱いに注意を怠ると傷つけやすいという感じです。座り姿勢がほとんどのため、太股裏側にはゴミが付いていることが当初多かったのです。ですから機会ある毎に、ゴミを取ってベビーパウダーをかけきれいにすることをしています。つまり、ベビーパウダーの幕を頻繁に付け、ゴミが付きにくい状態にしているのです。これはベビーパウダーを振りかけるという品で、頻繁に使うには都合がいいのです。男の願望として、ドールであっても、いや、再生ができないドールだからこそ、きれいな肌であって欲しいということからです。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「恋,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター