コンテントヘッダー

カードキャプターさくらの帽子


カードキャプターさくらの衣装は昨年の秋から冬にかけて作りました。そのとき、ベレー帽を作る元気までは残っていませんでした。
明日、名古屋SRの新学期撮影会があるので、カードキャプターさくらの衣装で参加しようと頑張ってベレー帽を作ってみました。
新しいものを作るには、それに相応しい知識というか情報が必要になります。ベレー帽を作るのは今回が始めてではありません。以前、ニット生地で作っています。その時は、少々小さめに作ってしまいニット生地が少々伸びるので被せることができました。生地の素材でもけっこう悩んで、服の素材が綿の平織りの生地なので、それに合わせた方がいいのか、といった具合です。フリース素材も考えたのですが、この春になっては近所の手芸洋品店では売っていません。冬場でないと置いていないようです。そこで、百均で手に入るフェルトで作ることにしました。フリースやフェルトは解れ止め処理をしなくて良いので作業量が減り助かります。


カードキャプターさくらの番組はNHKのBSでやっていたもので、「ソングス」というクロウカードが登場する1話だけ録画してあります。
それを見て服がどうなっているのか何回も見ました。今回の帽子も数回見たのですが、主人公のさくらは帽子をかなり後ろめに被っていてヘアピンで留めないといけないのか、とか悩みましたが、さくらの同級生の帽子の被り方ならできるか、と以前作ったベレー帽を少し大きくしてみました。
帽子の後ろから黒いリボンが垂れているようなので、垂れているリボンが出ている後ろの様子は番組からはわからないので、ごく普通にリボンを結ぶ形にしてみました。


舞ちゃんのベレー帽も作ったのですが、DD用の2倍サイズでOKだったので、縦と横の倍率が服の場合は変わるのが当たり前ですが同じで助かりました。
ベレー帽が形になって垂れている黒いリボンの端がハサミで切り落としただけにしていました。もう一度番組を見たらリボンの端に3つの山があるのが見え、ハサミで山形に切りピケで解れ止めして完成です。主人公のさくらのように被せることはできないでしょうが、これで十分だと思います。

次週は「鯉のぼり」、「護國神社のフリーマーケット」、「名古屋SRの新学期撮影会」の掲載予定です。

カードキャプターさくらは、魔術師が作った魔法のカードがさくらの住む町にばらまかれてしまい、封印が解かれるとこの世に「災い」が訪れるということで、さくらがカードキャプターとなってカードを回収する話です。
2月の下旬頃、何年かぶりに風邪を引きました。それがある程度収まって、夜の散歩に出かけた時のことです。踏切で線路を渡ってから線路沿いの道を進むのですが、後ろから少し古めの車がゆっくり来て私に尋ねるのです。お墓はどこにありますか?、少し考えたのですが、東山霊園のことだと思い、逆方向を指しあの踏切のところでこちらに来ずにまっすぐ少し行くとあります、と答えました。
その場はそれで終わったのですが、私が小さい頃もう一人弟がいて生まれてすぐに亡くなったみたいです。その弟のお墓があるのが東山霊園だったような、60年近く前でお参りなどした記憶がありません。弟が呼んでいたのかもしれないと後から思い出され、病み上がりで霊感のようなものが鋭くなっていたのか、数日、背筋が寒くなるのでそのコースは夜の散歩から外しました。
世の中には、わからない世界(見ることができない世界)があり、普段我々はそういう世界から遮断するように生きているみたいです。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター