コンテントヘッダー

暑中のお見舞い


今回は、暑中のお見舞いです。
「春よ!来い!」をご覧になっていただきありがとうございます。今年は蒸し暑い日が多く、急に雨が降り出したりと天候が不順ですね。皆様も暑さのために体調など崩さないようお過ごしください。
このサイトは健全だと思っていますが、ただ、等身大ドールが登場することを嫌がる方がいらっしゃるのは事実でしょう。首相が都議会議員選挙の応援演説で反対派に向かって、"こんな人たち" と言うぐらいですから、このサイトも首相のような方からすると "こんな人たち" の部類に入れられるのでしょう。


毎年のようにある天候の不順を、どうしたら防げるのでしょうか、それとも防げれないなら、どうやって対処すれば良いのでしょうか。人間の活動や生活レベルを自然なレベルに戻すことが必要に思えます。そんなことは当たり前に思っておられるでしょうが、金のためなら何でもする現代人の中でなかなかできることではないと思っています。
HP側記事内容は、暑中のお見舞い をクリックしてください。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

乃木坂46風Aラインワンピ


今回は、乃木坂46風(マウスコンピュータのCM)の手作りAラインワンピです。マウスコンピュータのCMの服はAラインワンピではないみたいですが、雰囲気が似ているからOKでしょう。
これを選んだのは、水玉柄の生地は入手しやすいからです。無地やギンガムチェックや水玉などの柄は基本的なものなのでしょう。
私には、乃木坂46などのアイドルグループはほとんど区別できません。言われて、"そうなの"とそれぞれのグループに個性があることが少し見えます。


以前作ったAラインワンピの型紙から、スカートの裾を5cm伸ばして膝丈ぐらいにしてみました。襟まわりと袖まわりの縁取りをしたのですが、襟と袖がない服の襟まわりと袖まわりは裏側に生地を当てて縫うことになるのですが、ここに縁取りの生地も加わります。裏返しで縫うため縁取り生地のかげんが適当で、なんとかなっていますが今イチなところでしょう。表側のできあがりを想像しながら裏側から縫うのはけっこう神経を使います。


舞ちゃんにも同じ水玉柄生地の柄の大きなもので作りました。裏地もあり裏地のスカート部分はインナースカートにしてあります。裏地の生地は今回サテンのものを使いましたが表地と裏地の生地の種類の違いを同じ感覚で縫うために、出来映えに少々おかしなとこが出てしまいます。

次週は「暑中のお見舞い」、「ミス愛知と夏祭り」、「ふるさと公園の夏」の掲載予定です。

以前の春ちゃんは関節のゆるみ止めがありませんでした。そのため、関節が動く度に緩むことになり、後半はほとんどポージングしていませんでした。舞ちゃんの関節のゆるみはどうなるかまだわかりませんが、腰のところのグリップの右腰はグリップがきつく、反対の左腰はグリップがゆるめです。これは最初からで、何で腰関節のグリップが左右で違うのか今になってようやく理解しました。座り姿勢をさせるとき、きつめの方の右脚で座り姿勢を決め、座らせてから、ゆるめの方の左脚で座った姿勢の左右の傾きを直すのです。座っている状態で、右脚はほとんど動かせないのですが左脚は動かせ、座り姿勢の微調整ができるのです。


コンテントヘッダー

サンテパルクの夏


今回は、法光院さんのすぐ近くにサンテパルクがあるので寄りました。
とても暑いのですが、梅雨前線の影響か積乱雲がありその陰になっているときにほとんど撮らせてもらいました。土曜日でしたが、さすが暑いのでお花のエリアにはほとんどお客さんは来ていません。
DDでの撮影では一般客が見て見栄えのするお花でなくても、こんな可愛いお花での撮影で十分です。


法光院さんで2色咲のスイレンのお花を見させてもらいましたが、ここではポピーでしょうか2色咲のものがありました。写真でははっきりしませんが白いお花にはピンクの柄が入っていて、白いお花も可愛い感じでした。
夏のお花畑はどこも暑さで大変でしょうが、それぞれ水やりや枯れた花殻摘みなどのお世話を暑い中でされていて、ご苦労が伺われます。
HP側記事内容は、サンテパルクの夏 をクリックしてください。

「DOLLミーたんとケロロの日記」様から暑中のお見舞いのお写真を戴きました。
ありがとうございます。
爽やかの高原での風景のようですね。




コンテントヘッダー

法光院の睡蓮


今回は1時間ほどで着けるわりと近くのお寺です。
今年は、大塚国際美術館のモネの睡蓮の絵の手前の池のスイレン、通称モネの池のスイレン、フラーパークのオオガハスと見て来ました。
蓮は、仏教で泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされているので、お寺の庭で栽培されていることが多いようです。それからオオガハスは、古代種の蓮を蘇らせ株分けされたもののようです。
そんな中、テレビCMでこのお寺の蓮・睡蓮が宣伝されていたので出かけました。蓮の大きなきれいなお花もあったのですが、大きな葉っぱの中にお花が隠れていて写真には撮りましたが掲載はしませんでした。そして、この写真のように2色で咲いているスイレンのお花を見ることができ良かったです。


弘法大師様ゆかりのお寺では、四国八十八箇所巡りは大変なので四国八十八箇所のお寺から分けてもらった砂で、四国八十八箇所のお砂踏み巡りができるようにしてあるところがけっこうあります。このお寺では+20のご利益ありがたいお寺を加えて88+20=108という煩悩の数にしてお砂踏み巡りがしてあります。
お砂踏み巡りもしましたが、それよりも四国八十八箇所のご本尊様と弘法大師様のお地蔵様が並べてある四国八十八箇所巡礼山登りをしました。山からの眺めを期待してのことでもあります。ただ、四国八十八箇所のお地蔵様と次々出会うので、その度に手を合わせ山登りの雰囲気ではありませんでした。
HP側記事内容は、法光院の睡蓮 をクリックしてください。

「ひろかと共に・・・」様から、暑中のお見舞いのお写真を戴きました。
ありがとうございます。
ギンガムチェックのサマーワンピで、いつも素敵なひろかさんです。



コンテントヘッダー

おっきいキュウリ!!


今回はお庭の菜園ですが、外はあまりにも暑いので部屋撮りです。
お庭の菜園は、ピーマン3苗、キュウリ2苗を4月中旬に植えました。その後、女房がカボチャの苗をもらって来て植えたのですが、ものすごく生長が早く1晩経つと10cm以上伸びていましたが、カボチャの花が雄花ばかりで雌花が1つも咲かず場所だけやたら占有するのでカボチャは諦めてしまいました。カボチャとかスイカのように広い場所を必要とするのは庭の隅でやる菜園では無理ですね。


キュウリは接ぎ木苗のものですが、接ぎ木苗の生長は早いですね。空梅雨といっても雨が降るときはドバッと降るので、その前に収穫しないとあれよあれよと太いきゅうりになってしまいます。
カタツムリの消しゴムフィギュアは見つからなかったのですが、夏のメロンとかスイカのフィギュアを買って来ました。そして、暑かった日にいただいたスイカが美味しかったので、1/6カットぐらいのスイカをスーパーで買って来ました。1/6カットぐらいでも1人で食べるには大きかったです。
HP側記事内容は、おっきいキュウリ!! をクリックしてください。

「みゆき&なつみの家」様から、暑中のお見舞いのお写真を戴きました。
ありがとうございます。
ご自宅にプライベートプールでもありそうな雰囲気ですね。


当サイト「春よ!来い!」から皆様への暑中のお見舞い記事は来週掲載させていただく予定です。


コンテントヘッダー

チェック柄のサマーワンピ


今回はギンガムチェックのサマーワンピです。
桜ちゃんと蕾ちゃんの着ているものは、2年前に手作りしたものです。ギンガムチェックの生地はいろいろ種類があり、柄の大きさや色合いとかがけっこうあります。DD用には大きさから言って細かい柄がいいかと思います。色合いはアイの色に合わせて桜ちゃんは青系で、その青系もこの生地は薄めのものです。蕾ちゃんもアイの色に合わせて赤系ですが、むしろピンクの薄い色の生地です。


ギンガムチャックの生地だけでもサマーワンピはもちろんできますが、少しアクセントが足りません。胸元まわりにレースのお花を縫いつけるのですが、このときはお花の中に色付けがされているものを選びました。そして、その色が青系の生地には赤の色付け、赤系の生地には青の色付けと反対にしましたが、赤の色付けのお花の方がアクセントになっています。ただ、青の色付けが薄いのでアクセント不足ですが、色の濃さを選べるほど種類がないのが現実です。
スカート裾にはレースの飾り付けをしておられるのを見かけますが、柄というかデザインがあるチロリアンテープをこれでは使っています。レースで飾る方が華やかになり安くすみますが、うちの子の個性としてもう少し可愛さを出したいので少々値段が高いですがチロリアンテープを使いました。


舞ちゃん用は2年前には作ってありませんでした。去年、トップス部分だけ作ったのですが、こういうサマーワンピにするつもりではなかったものです。さらに1年が過ぎて今年ようやくスカート部分を合わせました。チェックのサイズも等身大サイズに合わせて大きいものです。生地が1年経つとどこで買ったものかはっきりしなくなり、写真では同じに見えますがトップスとスカートの色合いが微妙に違います。舞ちゃんに向く色合いは何か考え、落ち着いた黒系の生地にしていますが少し青が入っているものです。胸元まわりのレースのお花は黄色の色付けのものですが、黄色がほとんど生きていなくちょこっと色があるぐらいです。チロリアンテープは、少し幅が広いものでてんとう虫の赤が生きている感じです。

次週は「おっきいキュウリ!!」、「法光院の睡蓮」、「サンテパルクの夏」の掲載予定です。


昨日の記事のために名古屋SRの撮影スペースを使わせてもらい、その帰り以前と同じく大須の万松寺前(納骨堂 白龍館 彩蓮)を通りました。以前掲載した白いドラゴンは2階部分にいたドラゴンです。今回のドラゴンは1階部分のもので、下と上からドラゴンボールを手にした迫力あるドラゴンです。そもそも、ここを通ったのは、消しゴムのかたつむりを探してのことですが、そのお店がこの通りにあります。そして、まんだらけにも寄っているのですが、ドール服の中古がいっぱいぶら下がっていました。ドール趣味の方もかなり減っているのでしょうか。


コンテントヘッダー

名古屋SRのカジュアルなお部屋


今回は名古屋SRの大撮影スペースです。
今回の撮影スペースはすみか便りに撮影スペースの名前が載っていたのではないのですが、その文章にあったカジュアルなお部屋としておきました。
カジュアルというのはネットでは、格式ばらず、くつろいでいる感じ、とあるので、このネコ柄のTシャツはそんなカジュアルな感じでしょう。そして、ベッドで花ちゃんと咲ちゃんが一つの枕で横になっているくつろいでいる姿は、まさにカジュアルなんでしょう。


最近は、花ちゃん咲ちゃんペアが撮影スペース専門になっていますが、私としてもこのペアの方が記事を作りやすいということがあります。それは、ドールと言えども持っている雰囲気があるからだろうと思います。
HP側記事内容は、名古屋SRのカジュアルなお部屋 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

岡崎公園と龍城温泉


今回は岡崎城のある岡崎公園とその近くの銭湯です。
次回の名古屋SRの撮影スペースへ車で出かける予定があったので、その帰り道に寄りました。
岡崎城はグレート家康公葵武将隊が演武もやっているのですが、演武があるか見て出かけたのではありません。今回は家康公が生まれたこの岡崎城の敷地にその形跡があるかを見てみました。


龍城温泉(たつきおんせん)ののれんですが、この名前は岡崎公園の岡崎城の隣に龍城神社がありますので地名なのかもしれません。この龍城温泉は昔懐かしい銭湯で新聞で紹介されていました。岡崎の中心部の住宅街の中にある銭湯です。こういう銭湯には一番風呂に入ろうとする方がいますので、そういう方や女将さんと少しお話をさせてもらうのも楽しいです。
HP側記事内容は、岡崎公園と龍城温泉 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

おっきいパンダ!!


今回はAAAのえ~パンダです。
AAAもいろんなえ~パンダを出しているようです。そんな中、パンダらしいぬいぐるみがあります。このえ~パンダは "くったくぬいぐるみ" という名前が付いていましたが、花ちゃん咲ちゃんにはちょうど良い大きさです。そして、女房が似たようなえ~パンダをUFOキャッチャーで取って来たのですが、ショルダーバッグの紐に付ける部分があり、ショルダーバッグを肩にするとえ~パンダが肩に乗っている状態になるものです。"へぇ~" という感じです。


女房が自慢げにおっきいパンダをUFOキャッチャーで取って来ました。1500円かかったみたいで、つまり15回もやったみたいです。私などはUFOキャッチャーで数回やって取れなければやめてしまいますが、その頑張りに感心してしまいます。それでも、通販で買うよりは安く、頑張り感があるのかもしれません。
HP側記事内容は、おっきいパンダ!! をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ニャンコのTシャツ


今回は何年か前の東京でのイベントで買ったTシャツとスカートです。
小さい子用の服をヤフオクで見ていると、華やかさを売りにしているような服が入札されているように見受けられますが、シンプルなワンピースでもネックレスなどの付属品があり雰囲気が良さそうなものが選ばれているのでしょうか。ただ、知られたお店やモデルのドールのメイクがとてもきれいでとても似合っているものが選ばれているのを感じています。そして、こんな面白そうなTシャツはヤフオクでほとんど見ることができません。


Tシャツを手作りしようにも、こんな感じのニット生地を入手できません。綿の平織りの生地ならカットクロスでそれなりのを探せそうですが、Tシャツはどうしてもニット生地ですね。Tシャツを手作りすることがないので、前見頃だけ柄のある生地で後見頃と袖は無地の生地で、さらに袖パーツが襟のところまである型の取り方も試したことがありません。
スカートはウェストゴムのニット生地のギャザースカートですが、1か所だけ折り込みがありこれが座り姿勢のときにスカート裾を広げることになる重要な要素になっているようなのですが、その役割の本当の意味はわかっていません。


舞ちゃんの服をどうしようかいろいろ迷った末にこの服になりました。最近、夏物衣料品は値下げがされています。この服は夏向きの生地でトップスとショートパンツの2ピースで、宣伝文句なのか組み合わせを変えられるとありました。トップスはスモックの感じで足から通して着せましたが、いろいろスカートを取っ替えては "う~む" となり、結局このセット品のショートパンツになってしまいました。こんな普段着のような感じでもいいかと妥協しました。

次週は「おっきいパンダ!!」、「岡崎公園と龍城温泉」、「名古屋SRのカジュアルなお部屋」の掲載予定です。


蒸し暑い日が続いているので冷たいものです。1か月ほど前、テレビで井村屋のあずきバーと森永のチョコモナカジャンボについてやっていました。放送後女房はチョコモナカジャンボを買って来て、半分私にもくれました。今ではスーパーで5個入とか10本入の箱入アイスがほとんどで、出かけたときに現地のソフトクリームをいただくか、運転の休憩でコンビニでアイスをいただくぐらいです。このメロンカップアイスもシャトレーゼさんで5個入でしたが、小さい頃駄菓子屋さんで買って食べた記憶があり懐かしく、メロンを食べている感じにちょこっとはなれます。本物のマスクメロンが食べれるのは、町内の葬式の手伝いをしてもらったものぐらいです。


コンテントヘッダー

フラワーパークの蓮


今回はフラワーパークです。
今年の梅雨は雨が少ないとは言っても、出かけるタイミングは雨の心配がない日となります。そんな日は晴れて日射しが強い暑い日になってしまいます。
フラワーパークは7~9月入場無料ですが、どこへ出かけても同じでしょうが暑さ対策をしっかりしないといけません。フラワーパークはアヤメ・カキツバタ・花しょうぶが終わって、次は水鳥の池でオオガハスの花が見られる時期です。この蓮目当てにカメラマンさんが数人来られていましたが、私もその一人です。


さすが、日射しが強すぎて日射しの下での撮影は難しいことに加えて、すぐに汗が出て落ち着いてカメラを構えるのが難しい状況です。日射しの下でのお花の方がきれいに咲いているのはわかるのですが、とても撮れずに日陰を選んで撮ることになってしまいました。
HP側記事内容は、フラワーパークの蓮 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ぎょぎょランドの亀


今回は地元の淡水魚水族館です。
水族館の前には水遊び場があり休日には就学前の小さいお子さんとそのお父さんお母さん、あるいはお祖父ちゃんお祖母ちゃんが楽しんでいます。
ここの入口あたりにザリガニや金魚がいて、亀の多くは動かない様子が見れるのですが、この日はけっこうな数の亀が動いていたり泳いでいました。


最近は朝の散歩で川の土手の草むらでカエルの低い鳴き声を聞きますが、草むらの背丈が高いため鳴き声がするのにどこにいるのかわからない状態です。
昔は身近なとこにいた生き物たちが、宅地化がすすみこのようなところでしか見られなくなってしまいました。
今年の梅雨時の晴れ間は暑くて大変です。暑さで思考停止状態はしょうがないにしても、体調を崩さないことに気を使っています。
HP側記事内容は、ぎょぎょランドの亀 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

傘さし運転!?


今回は、傘さい運転!?という題ですが、要はラジコンカーに傘をさしてドールが乗っているのです。梅雨の時期だから傘が登場していますが、雨傘でなくて日傘です。カタツムリを最近見たことがありませんが、消しゴムのカタツムリでも今度探してみようと思いますがないでしょうね。


実際に傘さし運転をしていないし、ドールが格好をしているだけです。そんなことわかっていることでしょうが、何年か前、暑い日にドールが水の入った入れ物に足をつけ涼む場面を掲載したら、それを真似てドールを水に投げる入れるオーナー様が現れたとある方から言われました。ものごとのきっかけをつくることになってしまうことを認めないのではありませんが、見る側も何をしていいのか、ご自分の判断をきちんと持つべきです。
HP側記事内容は、傘さし運転!? をクリックしてください。


コンテントヘッダー

梅雨空に合わせて


今回は梅雨空に合わせて、水滴柄のシャツと水色のプリーツスカートです。
梅雨空と言っても、大きな被害をもたらした九州や北陸から東北と違って地元は、台風が南沖を足早に通過して少なめの雨をもたらしました。
この時期どんな服装がいいのか迷うところですが、水滴があったり星のきらめきがあったり白いドットもあったりで意味がわかりづらいシャツですが、ヤフオクで買ったものです。始めは長袖でしたが着る時期が合わないのでこの梅雨の時期に合わせて、袖を取ってしまいました。


この頃の作品は娘さんの作みたいですがその前のお母さんの頃の作品で、シャツは少々大きめに作ってありますがスカートの丈は短めです。オーバーニーソックスもありますが、この時期に合わせ制服のときに使っているソックスにしてみました。


舞ちゃんの服は、安売り洋品店で買ったトップスとスカートがくっついたチュニックです。トップスの背開きをするためにトップスとスカートは分離しています。ところで、衣料品の販売は問屋みたいなのがあるのでしょうね、このチュニックは系列が違う他のお店でも見ました。
舞ちゃんにはキッズ用130がちょうど良いのですが、サイズに多少のバラツキがあるのかこのチュニックはキッズ用120サイズです。舞ちゃんのサイズは、座高が少し低く脚が少し長いのかもしれません。そんなことで多少のボディの軽量化がされているのかもしれません。


次週は「傘さし運転!?」、「ぎょぎょランドの亀」、「フラワーパークの蓮」の掲載予定です。

NHKのBSで "涼宮ハルヒの憂鬱" をやっています。本放送の時は見たことがありませんが、どんな番組か再放送で見ています。そのうち "笹の葉ラプソディ" という七夕の内容のときの回が意外と面白かったです。
主人公はキョンなのでしょうが涼宮ハルヒは番組では高1、その涼宮ハルヒが中1のとき校庭に不思議な絵文字を描いたらしいのです。この回で朝比奈みくるとキョンが3年前にタイムトラベルして、中1の涼宮ハルヒの校庭の文字書きを手伝うのです。しかし、3年後に戻れなくなり、3年前の長門有紀宅を訪ね長門有紀が2人の時間の進行を止め、長門有紀宅で3年間寝て3年後に時間の進行を戻され、3年後に戻ったというお話です。
神が2つのものを作ったときから2つのものの間に距離と時間が生まれたようで、時間というものが私にはどうにも理解不能で、我々は時間に縛られまくっています。その時間の進行を止められるなんて神の業ではないかと思われます。



コンテントヘッダー

ききょうの香勝寺


今回も、静岡県の森町のつづきです。
香勝寺さんは、ききょう園のお花のところで毎年撮影をさせてもらっています。今年は春先の雨が少なかったことで、いつもなら満開の時期に訪ねたのですが開花が遅れているとのことでした。でも、ドール撮影には満開である必要はないので十分撮ることができました。


香勝寺さんの魅力は、石の小坊主さんと和尚のひとり言を見させてもらうのが楽しくて訪ねています。和尚のひとり言は、夫婦関係や職場関係をうまくやっていくための智恵のようなものが書かれています。
皆さんも新東名高速の森PAのスマートICで出てわりと近くですので、香勝寺さんを訪ねて和尚のひとり言を見てください。ききょうはのお花は夏季は7月下旬まで、秋季は8月下旬から9月彼岸までと長く見ることができます。
HP側記事内容は、ききょうの香勝寺 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

あじさいの極楽寺


この時期、静岡県の森町を毎年訪ねています。
先週あたり雨が降って梅雨らしい天候ですが、森町を訪ねたのはその前の週で雨が降る前でした。ご承知のようにあじさいは多くの水を必要としますので、極楽寺のあじさいのお世話をされている方も雨を期待されていました。


ご住職の話によるとお寺の裏山があじさいの原生地だそうで、それをお寺の前に植えたのだそうです。昔はこの地を治めておられた殿様のご加護によりお寺を維持していたようですが、現在では檀家さんの数も少なく "あじさいまつり" で多くの方に来ていただいて維持しているとのことです。この日も、どこかのテレビ局の中継があったようです。
そんなお話を聞かせてもらったこともあり、お土産に七福神の湯飲みを買わさせていただきました。
HP側記事内容は、あじさいの極楽寺 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

七夕の飾り付け!?


今回は、今週に七夕があるということで七夕の飾り付けです。
ホームセンターで買ったプラスチック製の笹に飾り付けをしています。季節の行事としてそれなりに浴衣姿での飾りつけで良いのでしょうが、毎年同じでは代わり映えがしないと思ってしまいます。そこで、今年は同じ飾り付けでも趣向を変えました。


5年前短冊には "いつまでも一緒にいたい" と書きましたが残念なことに、ドールのボディの痛み等によってドールとの約束も私自身が果たせないので、今回は短冊に願い事を書かないことにしました。
全てのことに限りがあるから、"いつまでも" はできることではなく、"一緒にいてあげる時間をできるだけ作る" ことの方が大切ではないかと思うのです。
HP側記事内容は、七夕の飾り付け!? をクリックしてください。


コンテントヘッダー

富士山柄の浴衣


今回は次週に七夕があるということで、浴衣姿です。
この浴衣も手作りです。イオンの手芸洋品店パンドラハウスでこの富士山柄の生地を見つけました。少し温泉浴衣っぽい柄ですが、なかなか気に入っています。六角の中に富士山とうさぎ、桜か梅かははっきりしませんが花、波、そして、黒白が逆になったものといろいろあり楽しいです。その六角の間に竹や水の流れが水色であり涼しさを感じさせてくれ、おまけに、赤い印のようなものがアクセントにもなっています。


伊達襟は柄に中に薄い水色があるので同じ水色にしてほとんど目立たない感じにしました。帯は何色が良いのかわからないので、新しく作らずに去年までと同じものを使っています。


ちょっと残念なことに、この富士山柄は小さい子にはちょうど良い感じの大きさですが、同じ生地で舞ちゃんサイズのものを作ったのですがどうしても柄が小さい感じになってしまいます。
スカートは広げて座れば色写りをさほど心配しなくても良さそうですが、浴衣の場合そういう感じで座ることはできないので濃いめの生地を選ぶのはやめました。そして、念のために中に白の綿生地でできたドロワーズを履かせていて、太股裏側への色写りをしないようにしています。

次週は「七夕の飾り付け!?」、「あじさいの極楽寺」、「ききょうの香勝寺」の掲載予定です。


モネの池へ行くときに見た "50円カラ" とい自販機です。
これを見る限り、半額ぐらいに思えます。一般庶民はやはり、"少しでも安いもの" と努力が伺われます。朝の通勤時間とは言え 10分ほどで数台の車が停まり買って行くのですから、これぐらいにしても利益は上がっているのでしょう。一般庶民は、少しでも安いものへの思考が定着しています。ちょっとの賃上げ、いや、大方の庶民は賃上げからほど遠いのでしょう。


プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「恋,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター