コンテントヘッダー

桶狭間古戦場まつり


今回は桶狭間古戦場まつりということで、5月14日に名古屋市緑区にある桶狭間古戦場公園とその周辺であったお祭りですが、実際は慰霊の意味合いがあるみたいです。
桶狭間の戦いはご承知のように織田信長が、奇襲によって今川義元の軍勢をうち破った合戦です。そもそも、桶狭間は現在の名古屋市緑区の桶狭間と呼ばれる地から豊明市にかけての地だったようです。
今回は、名鉄の有松駅から歩いたのですが、あらかじめネットで調べ時間はかかりましたが、住宅街の中の道は歩く方が探しやすい感じです。


甲冑を着た桶狭間の戦いをイメージするようなものは慰霊の行事あたりに行われるみたいで、昼間はお祭りのイベントです。そのイベントの中では甲冑を着たまるで織田信長をイメージさせる保存会のメンバーがいて、お会いできて良かったと思えました。写真のゆるキャラの "おけワンコ" の姿は桶狭間の戦いをイメージする格好をしていますが、どういったことでワンコなんでしょうか?
HP側記事内容は、桶狭間古戦場まつり をクリックしてください。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

お庭でブランコ


今回は、お庭での撮影です。
春になりお花はいっぱい咲きましたが、庭の木の葉が繁るのはしばらくかかり初夏の時期になりました。その枝にブランコをぶら下げて楽しみました。
どの時期でもいいのですが、新緑のきれいなこの時期に、そして、木陰の中でのブランコがいいのです。


この頃は、天気が良いと暑い状況です。そうすると、ちょっとしたアクセントに帽子が出番となります。小さい子の帽子はイベントやその手のショップでないと買えませんが、舞ちゃんサイズになると、百均でも売っています。これも、百均で買ったような記憶ですが、定かでなくなっています。
HP側記事内容は、お庭でブランコ をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ワンコとニャンコ柄のワンピース


今回は手作りドール服です。手芸洋品店に出かけると、最近は必要最低限のものだけにしていますが、どうしても、少し店内をぶらぶらして面白そうな作って楽しそうな生地を探してしまいます。そんな誘惑で何年か前に作ったワンピースです。
この時期、襟や袖口、スカート裾に縁取りをすることをやっていて、袖口とスカート裾はそんなにも問題なくできますが、襟のところは湾曲しているのでそういう切り出しが必要になります。この場合はそれをやってないので襟が立つような感じになっています。


背景はお伊勢さん菓子博の工芸菓子の作品です。こんなすばらしい作品ができるなんて驚きです。菓子博では工芸菓子ばかりではなく、各地のお菓子が紹介されていました。こういった食のイベントでは、フードコートのようなところがあり、プラカップに入れられた食材になってしまいますが、本来はお店での雰囲気や器も食における重要な点ではないかと思います。


舞ちゃんにはワンコとニャンコのワンピースは作ってないので、クマさん柄のTシャツとおしゃまニャンコ柄のスカートです。いつもよそ行きのような格好ばかりはできないので、こんな普段着的な格好もあります。

次週は「お庭でブランコ」、「桶狭間古戦場まつり」、「出番の少ない服4」の掲載予定です。


写真はお伊勢さん菓子博の帰り伊勢道の嬉野PA上りでいただいた "ミニ松坂牛丼" 800円です。お伊勢さんに向かう伊勢道で松坂あたりも通りますので、行きに寄った嬉野PA下りのときトイレ休憩とコーヒー1杯でしたが、帰りの嬉野PA上りでもあったらいただこうと思っていました。日頃、お昼に牛丼のレトルトだったり、名古屋へ出かけたときなどはチェーン店で牛丼をいただくだけで、とても口にすることのない松坂牛の牛丼をありがたくいただきました。


コンテントヘッダー

名古屋SRの若葉薫る初夏


今回は名古屋SRの大撮影スペースで、テーマは「若葉薫る初夏」とありました。でも、天使にすみか便りにあったもので実際の撮影スペースで若葉薫る感じはバラのお花がありましたが、お花好きの私としてはお花いっぱいの花壇でもあれば素敵に思えるのでしょうが、一般的には、これぐらいで十分かもしれません。そして、ブランコもあり楽しませてもらいました。


花ちゃんと咲ちゃんペア、そして、桜ちゃんと蕾ちゃんペアの交互で撮影会と撮影スペースを使いたいと思っているのですが、なかなか撮影会の日が予定している日からずれてしまいます。そうすると、最近は、花ちゃんと咲ちゃんペアは撮影スペースで、桜ちゃんと蕾ちゃんペアは撮影会に決まりつつあります。それは、ペアの雰囲気がそちらに向いているということかもしれません。。
HP側記事内容は、名古屋SRの若葉薫る初夏 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

お伊勢さん菓子博


今回は、5月14日で終了したお伊勢さん菓子博です。GW明けの月曜日に出かけました、その後も終了間際で混んでいるみたいでした。
この写真はサブアリーナであった工芸菓子の一つです。子供の頃、隣の市にある動物園に連れて行ってもらったとき、そこには孔雀がいてその孔雀が羽を広げている姿を見ると嬉しくなったものです。動物園の思い出は、乗り物などの遊具(特にゴーカート)と孔雀ぐらいしか残っていません。


そして、メインアリーナの方にも工芸菓子の展示があったのですが、高校か専門学校かしっかり見てこなかったのですが、志摩地方の海の恵みをうまく表現していると思います。そして、同じく工芸菓子で作られた昔のお伊勢参りの様子が五十鈴川とともに表現されているのは観客も大勢いて警備の方が、止まらないでください、とアナウンスするほどすばらしかったです。
HP側記事内容は、お伊勢さん菓子博 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

え~!パンダ?



今回は、AAAのえ~パンダのことです。
このえ~パンダの記事は、桜ちゃんと蕾ちゃんペアのときに掲載していました。ですから、このバナナを持ったお猿さんのような "え~パンダ" が、花ちゃんと咲ちゃんにとっては初めてです。


そして、え~パンダも種類が増え、フェイスクッションという大きなものまであります。フェイスクッションは顔が描かれているので、この写真のようにお尻の下に敷くのはちょっとはばかれますが、ドライブで1回、舞ちゃんもお尻の下に敷きました。
HP側記事内容は、え~!パンダ? をクリックしてください。


コンテントヘッダー

肉球柄のスカート


今回は、手作りの肉球柄のギャザースカートです。
手作り服を始めてもう何年になります。要領も得て、それなりに作るのが楽しいですがいちばん苦になるのは、舞ちゃんサイズの解れ止め処理です。小さい子の服は単純な作業でも、作業時間はそれほどかからないのですが、舞ちゃんサイズは一つの単純な作業も時間がかかってしまいます。それでも、これをやらないと先へ進めないと頑張っています。ミシン縫いは気が緩むと縫い方が粗雑になってしますので、背筋を伸ばして針を注視しています。まるで、瞑想はしていませんが座禅を組んでいる感じかもしれません。
この肉球柄生地は、手芸洋品店で見つけ買ったものです。そして、何年か前に東京であったイベントで買ったレース素材のトップスも今まで使う場面がなく、ようやく今回使うことになりました。最近、現実の女性の服で、チュール素材(透けるもの)やレース素材(柄があり一部透ける)を使った服を着ている方がいます。そして、スカートにもチュール素材が使われていますが、私はちょっとチュール素材の使いすぎに見えます。


背景のお花は、朝の散歩コースの公民館敷地に咲いていたお花です。アヤメ、カキツバタの区別がよくわかりませんが、カキツバタは水辺近くの湿地に咲くもののようですのでアヤメかもしれません。こんなオシャレなお花があるのは嬉しいことです。


舞ちゃんの肉球柄スカートも去年一緒に作りました。この頃、できるだけ小さい子用と一緒に舞ちゃんサイズのものも作ろうと努力はしていますが、全てそうできるわけではありません。トップスの方はチュール素材でできた服ですが、どこのお店で買ったのか記憶が既に定かではありません。そして、袖口にもひらひらした生地がついていましたが、ちょっとくどい感じなので取ってしまいました。こんな今時の流行を入れた服もキッズ用に作られていて、あまりにも子供っぽいものはできるだけ選ばないようにしていて、普通の女性用サイズに手出しできない者としては助かります。

次週は「え~!パンダ?」、「お伊勢さん菓子博」、「名古屋SRの若葉薫る初夏」の掲載予定です。


ちょっと商品名がどうかという感じのものですが、ベビーパウダーです。この商品のレビューはネットを見ていただくことにして、私には名前の意味するところの匂いとは思えませんが、着替えなどさせていると石鹸のような感じの匂いがします。
それでもなぜ使っているのか、アルテトキオの新シリコンは柔肌のため、扱いに注意を怠ると傷つけやすいという感じです。座り姿勢がほとんどのため、太股裏側にはゴミが付いていることが当初多かったのです。ですから機会ある毎に、ゴミを取ってベビーパウダーをかけきれいにすることをしています。つまり、ベビーパウダーの幕を頻繁に付け、ゴミが付きにくい状態にしているのです。これはベビーパウダーを振りかけるという品で、頻繁に使うには都合がいいのです。男の願望として、ドールであっても、いや、再生ができないドールだからこそ、きれいな肌であって欲しいということからです。


コンテントヘッダー

ふるさと公園のつつじ


今回は、地元のつつじのきれいな公園です。
公園と言っても平らのところにあるごく普通の公園ではなく、ここは他県で言うところの森林公園にあたります。
いつも朝晩に散歩をしていても、坂がなくここは逆に坂ばかりなので私には辛いです。今回は天気が良かったのですが、午前中の早い時間のせいか比較的霞むことは少なく眺めは良かったです。


街中のつつじはきれいに咲いているのですが、ここのつつじは少々早かったかもしれません。大体、その良い時期を見計らって出かけていますが、天候の影響もあるのでなかなかドンピシャとはいきません。そんな少し外れた状況でもそれなりの楽しめました。
HP側記事内容は、ふるさと公園のつつじ をクリックしてください。

地元は住宅街がほとんどで工業団地もありますが、集落や主要道路から外れると畑がある町と田舎が混じった感じです。それも、駅付近の昔ながらの住宅は年代層が上がり歯抜けのように空き地や駐車場があったりします。そんなところを昼間散歩すると、どこの個人商店もシャッターが閉じています。
今の時期、ホームセンターではお花の苗の販売がされていて、平日でも朝から賑わっています。そんな中ある方が「朝から混んでるな~、ジジ・ババばかりでゴミ捨て場みたいだな~」と話しているのが聞こえました。私も喋った本人もそのジジ・ババの一員でしょうが、ジジ・ババには午前10時開店では遅すぎなのです。午前6時とか7時でもいいのではないのでしょうか。
そして国会では、またあの方への忖度があったようです。そんな裏技が使えない者は、やっぱり大人しくしているだけしかできないのでしょうか。


コンテントヘッダー

GWオフ会


今回は5月4日にあったGWオフ会です。参加者は前回の秘密基地でのオフ会と一緒のカズマ様、モル様、ケロロ様、かみむら様、そして、私です。
カズマ様は未来さん、モル様は萌さん、ケロロ様は恵(けい)さん、かみむら様は写真右の愛さんを連れて来られていました。
皆さん娘さんの服を新調されたようで、どの娘さんも可愛くなっていました。


今年のGWは天気が良いと暑いほどの天候でしたので、オフ会も半袖姿で良かったのかもしれません。GWでこの暑さでは、夏場はどうなってしまうのか恐ろしい感じです。そして家では、雨が少なく草木への水やりも大変でした。貯めてある雨水タンクもどんどん減り、夕方には水道で水まきしないと枯れそうな木もありました。
先回の雨で雨水タンクはいっぱいになりましたが、また、しばらく雨が降らない天候が続くようなので、何でも過ぎたものは困りものです。首相と自民党総裁の使い分けをされている方の、憲法9条に自衛隊を入れる発言も過ぎています。北朝鮮の驚異に対抗するなど自衛隊にはとっくに無理な話のように見えます。
HP側記事内容は、GWオフ会 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

R258北上中寄り道


GWオフ会へのお誘いがあり、GW中であり高速道路で渋滞すると金銭的にもったいないし下道におりても渋滞していることが多いので、時間がかかっても高速道路を使わずに行動しました。23号バイパスから、名古屋市内も23号で抜け桑名あたりから国道258号で大垣方向に向かって北上しました。
途中、左側に山があり景観もいいんだろうな、と寄り道です。揖斐川が見える濃尾平野を眺めることができるところに上がって行きました。


揖斐川の河川敷に降りられる場所がないかと探しましたがなく、堤防道路で車の進入が少ししいくい作りのところがあったのでそこで撮影にしました。揖斐川は私にとって大きな川すぎますが、山と川が見れる風景は私の好みです。この堤防で撮影していたら電車が見え踏み切り警報機が鳴っているのが聞こえ、駅が近いんだと寄ってみました。
HP側記事内容は、R258北上中寄り道 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ネイビーのセーラー服


今回は、純正品のネイビーのセーラー服です。
ネービーのセーラー服でもS・SS胸用です。桜ちゃんと蕾ちゃんはM胸です。グレーのブレザー制服のときML胸用で少々ぶかぶか感があったので、S・SS胸用を試してみました。キツキツというのではなく十分普通に着れました。そして、セーラー襟のところの白線は1本にしてありますが、セーラー服と言ってもトップスの大部分は白ですから合服ですね。


最近のセーラー襟の服を見ると、この制服のようにスカーフが前でスカーフ留めで留めているのではなく、しばってあるものが多いように思えます。学生時代のイメージで私はこの止め方の方が好みです。このスカーフの生地が伸びる素材ですので、少々引っ張りすぎて留めたらセーラー襟が小さくなったような感じになってしまいました。あまり、引っ張りすぎもいけないみたいです。


舞ちゃんのセーラー服は、カードキャプターさくらのセーラー服と夏用の半袖セーラー服があるだけです。最近はセーラー襟のワンピもあるのでそんなに変ではないのかもしれませんが、外ロケのときにセーラー服はまだまだ着せる勇気はありません。
今回着ているのは、紺で縁が白い卒業・入学用の服で、スカートと蝶ネクタイもこの服に付いていたものです。今年、卒業・入学用の服を1着買ってしまったので3着になります。

次週は「R258北上中寄り道」、「GWオフ会」、「ふるさと公園のつつじ」の掲載予定です。


久能山東照宮からの帰り、静岡ICから東名高速を使いました。いくつかPA・SAを通り過ぎ、小笠PA下りで休憩を取ったのです。
そのPAでメロンパンを買い食べました。プレミアムメロンパンと言っているのか、お店の方も、わざわざいくつも買いに来る方がいる、と言っていました。外見はメロン色のいたって普通の感じですが、中にはメロンクリームが入っていて美味しかったです。つまり、メロンクリームパンと言った方が良いのかもしれません。確かに、この地域ではメロンの栽培もされていて、このメロンパンは当たりという感じでした。


コンテントヘッダー

三ツ又池公園の芝桜


今回は、芝桜がいっぱい咲いている公園です。芝桜と言えば、茶臼山高原が有名で最盛期には茶臼山高原道路がすごい渋滞になります。
ところが、テレビのバラエティ番組でここの中継をしていていいんじゃない、と出かけてみました。
出かけてみて、地域の公園です。それでも、見に来て良かったと思える景観になっています。ただ、今のところ芝桜の種類はそんなにも多くはないようです。


この公園に着いた頃、幼稚園バスが駐車場に止まっていて、芝桜のメインステージと思われる場所の近くに園児がいっぱいいました。まだ、来たばかりで先生のお話がされているようで、奧にある中島の方から撮らせてもらいました。
地域の公園のあり方がどのような形がいいのか、それぞれの特色となるのを持てばいいのでしょう。ここに "名古屋から一番近い芝桜の公園" として名古屋の人がどっと来ることは避けたいという思いです。そんな商業ベースの公園にはしたくはなく、地域の人たちが楽しめる公園であって欲しいものです。
HP側記事内容は、三ツ又池公園の芝桜 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

久能山東照宮


今回は先週の静岡縣護國神社の後に、久能山東照宮へ向かいました。久能山東照宮は家康公のお墓があるところです。
久能山の下の道路にはいちごのビニールハウスがいっぱいあり、いちご娘のような格好でいちごの風船をぐるぐる回して呼び込みをしていますが、今回はいちご狩りではないのでそのままパスですが、いちご狩りとなったらどのハウスにしようか決めようがないです。
久能山の石段を登って行くと、遠州灘の水平線を眺めることができます。それは少し丸まっていて、地球が丸いんだと感じさせてくれる場所です。石段はなかなかきついので、そんな景色を眺めて休憩するにはいいかと思います。


社務所で入山料を払い最初の楼門をくぐると、そこには家康公の手形があります。38歳、155cm、60kgとなっています。
家康公は岡崎城の敷地内で生まれ、戦の中で危ないと思われることが若い頃にありました。それを乗り越え、天に導かれ江戸幕府を開いたのです。我々も天の導きを受けることはできるのでしょうが、まずは自分を棄てることができるかどうかだと思われます。人は成長する間に欲望をいっぱい身につけ、この身が自分だと思いこんでいます。この身がこの世での乗り物にすぎないことがわかっていません。そして、その乗り物は自動運転ができる優れものなのです。私もそうですが、人は欲望を満足させるために夢中となり運転手のことなど気にもかけないという事態です。でも、ときどき自分は何かに助けられているという感じがあります。そして、何かこうしなけらばいけない、という直感が働くことがあります。そんな気づきが、段々と確信となり、欲望は棄てるのではなく卒業することだと理解します。そうなると、本当の自分が登場できるようになるのです。大多数の方はその欲望を卒業するのに、かなりの時間がかかってしまうのが現実かもしれません。
HP側記事内容は、久能山東照宮 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ツムツムのチョコ菓子


今回は、近くのスーパーで売っていた「チョコエッグ」というお菓子で、中にはツムツムの人形が入っているものです。
花ちゃんと咲ちゃんには、割烹着があるのですが舞ちゃんにはありませんでした。そこで、チョコエッグを買ったスーパーに併設されている衣料品店で子供用のエプロンを買いました。サイズは舞ちゃんサイズにしたつもりでしたが、それは立ち姿かもしれません。舞ちゃんは立たせることもできますが無理をする気がなく座り姿です。そうすると、肩掛けのヒモ部分が長くて後ろで短くしています。


割烹着は割烹着姿で実験をしていた方を見て、なかなかいいんじゃないかと名古屋であったイベントで買ったものです。花ちゃんの蝶ネクタイが傾いてしまいましたが隅々まで気をまわして撮影するのは難しいですね。
チョコエッグはちょうどガチャガチャでカプセルの中にフィギュアが入っている感じで、薄いチョコの殻の中に小さなカプセルが入っています。中に入っているツムツムの人形が何かはわかりませんが、何が出てくるかも一つの楽しみです。
HP側記事内容は、ツムツムのチョコ菓子 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

グレーのブレザー制服


今回は純正品のグレーのブレザー制服です。
グレーのブレザー制服はML胸用で、買った頃にはジャケットのバストに余裕がありすぎに見えたので、ジャケットを手直ししましたが年数が経ってそういうこともあまり気にしなくなってしまいました。
エンブレムを付けてありますが、舞ちゃんの着ている服にエンブレムが付いているのでそれに合わせてあります。なかなか、ドールに合いそうなエンブレムはみつからなかったのを憶えています。何かを探そうとすると、それに精通しておれば早いのでしょうが、なかなか初めはそうはいきません。その時は、何件も手芸洋品店を巡りました。


背景の写真は1か月前の写真で、地元の川に架かる橋から撮ったもので、土手の菜の花、満開の桜、遠くの山、そして、その風景を楽しんでいる人が入っていていい感じだと思います。今年は桜の開花が遅れ、菜の花がそれまで持ってくれるかわからない状況でしたが、菜の花の黄色は少な目になっていますがなんとか間に合った感じです。桜の花は嵐のような雨が降った日にほとんど落ち、今は葉っぱがしっかり出ています。


舞ちゃんの着ているのは、何年か前に買った卒業・入学用の服です。
ブレザー制服として見せるのに去年までは、プリーツスカートを合わせて制服っぽい感じにしていました。今回はこのジャケットに付いていたスカートと蝶ネクタイをそのまま使いました。スカートはチュール系に近い素材でできていて3段のレイアードスカートです。今回付いていたスカートを使ったのは、そんなにもこだわらなくてもいいんじゃないか、ということだけです。この服をデザインされ組み合わされたものを尊重してみようという考えです。

次週は「ツムツムのチョコ菓子」、「久能山東照宮」、「三ツ又池公園の芝桜」の掲載予定です。


去年夏に北海道に上陸した台風被害によって、ポテトチップにするジャガイモが不足してポテチの販売が中止になっているようです。そんなニュースを知ってか、女房がポテチを買って来ました。こんなニュースがなければ、このピザポテトの人気があることを知りませんでした。
女房は友達と女子会のようにランチにけっこう出かけます。テレビCMで、「女の友情は美味しいものでできている」というのがありますが、それはよく言い表した言葉だと思います。私などはランチでお店に3時間もいることなどとてもできません。ランチやティータイム、趣味の集い、・・・、夫婦はお互いの違いを認め尊重することで上手くいくのだと思います。そうでなければ、私の部屋に等身大ドールがいることなど受け入れてくれるはずがありません。でも、心の中では怒っている雰囲気を少しは感じます。


コンテントヘッダー

名古屋SRの新学期撮影会


今回は、日曜日に名古屋SRであった新学期撮影会です。
当サイトでも新学期ということで、4月になってから制服での記事を掲載しています。いろいろ予定もあるのでしょうが、4月最後の日曜日に新学期撮影会ではちょっと遅すぎのように思えます。
撮影セットに面白い掲示物がありましたので、たき火の絵として一枚撮らせてもらいました。


桜ちゃんと蕾ちゃんペアでの撮影会参加になっています。桜ちゃんはDD初音ミクですが、初音ミクのお友達は大体いますので記事を作りやすいこともありますが、今回は雪ミクちゃんの出番がなかったとオーナー様が雪ミクちゃんを連れて来られていました。
桜ちゃんと蕾ちゃんは家に来て2年ほどですが、外ロケは天気が良い日の方が気持ち良いのでそうしていますが、ドールにはあまり良くない感じですね。この撮影会でもセミホワイト肌がやけに肌が白く見え、ホワイト肌の感じに見えます。資金的に余裕はないので、このままホワイト肌のつもりでやっていこうと思っています。
HP側記事内容は、名古屋SRの新学期撮影会 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

護國神社のフリーマーケット


土曜日の夕方、テレビで「人生の楽園」という番組を見ています。その中で静岡県森町でケーキ作りをされている方が紹介され、遠い方なら出かけるのは無理ですが、静岡市の護國神社のフリーマーケットでお店を出しているということで、東名高速を使い行けるので出かけて見ました。さすが、10時半頃着いたのでは、もうケーキは売り切れになっていました。それよりも早く着くように出かけるのは無理ですね。
そんな状況ですが、それでもフリーマーケットというものを楽しめました。一見、がらくた市的雰囲気があり、私には懐かしいと思えるものがけっこうありました。
フリーマーケットでノースポールというお花の苗2個で100円を買わせていただき、他のお花の鉢の隅に植えちょっとしたアクセントになっています。


このサイトの記事を見てご承知のように私はリベラル系の人間で、この護國神社の成り立ちと合わない面はあります。それでも、お参りさせてもらいご朱印をいただきました。
日本人は外国へ行ってモスクなどの見学もするみたいですので、信仰と神社・仏閣などのお参りは別物のように考える面があるのですね。
HP側記事内容は、護國神社のフリーマーケット をクリックしてください。


コンテントヘッダー

鯉のぼり


今週、端午の節句があるのでそれにちなんだ記事です。
息子が誕生して、嫁さんの実家で子供武者人形を買ってもらいました。でも、ひな人形と同じで数回飾っただけでここ10年以上しまったままでした。ひな人形は2回ほど記事のために出しましたが、子供武者人形は今年始めて出しました。
それから、小さい頃新聞紙を四角く切ってかぶとを作ったのを思い出そうとしたのですが、思い出せずネットで見て、ああそうか、と1回作ればもう思い出しました。


去年の記事で、蕾ちゃんが棒につかまって横になる、という鯉のぼりを記事にしたのですが今年もやって、毎年のパターンになりそうです。
こんな、ひな人形や子供武者人形はしまってあるだけで、娘が結婚したら持って行くのか疑問ですし、孫となると実家で買ってもらうような気がします。
鯉のぼりを出しているお宅もあまり見かけませんが、それでも、2週間前あたりから少し見られるようになり、ちょっとしたお店やショッピングモールの宣伝に使っている雰囲気も多々あります。
HP側記事内容は、鯉のぼり をクリックしてください。


プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「恋,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター