コンテントヘッダー

秘密基地でのオフ会


今回は、秘密基地でのオフ会での撮影です。
今回のオフ会は、カズマ様のお宅でありました。カズマ様、モル様、ケロロ様、かみむら様、そして、私です。オフ会でお会いする娘さんは、オリエント工業の娘さんが多いです。まあ、一番を選ばない自分の性格もありますが、オリエント工業ではなくアルテトキオの娘を選んでいるのは、現実安いからです。東京の山手線御徒町駅近くにあるオリエント工業のSRから、歩いて5分以内のところにアルテトキオはSRを移しました。それは、オリエント工業のSR見学のついでにアルテトキオのSRに寄っていただくため、とSRの方は言っておられました。


オフ会はドール談義が中心で、私は昼過ぎでご無礼しましたが夜遅くま盛り上がっていたようです。
舞ちゃんは、132cm,16kgです。等身大ドールは、大きい方がよりリアルで魅力あるのは事実です。ところが、自分で動かないドールを移動させるとき、その重さがかなりの負担になります。オリエント工業のサイトを久しぶりに見るとジュエルは 136cm,21kgと 145cm,25kgでした。ただしボディーパーツのみとなっているので、ヘッドの重さが加わるということです。舞ちゃんを参加されているオーナー様に抱っこしてもらい、その軽さに驚かれていましたが、数kgの違いでかなり楽になります。
HP側記事内容は、秘密基地でのオフ会 をクリックしてください。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ローカル鉄道


今回は、秘密基地でのオフ会前に寄ったローカル鉄道の駅です。
等身大ドールが登場すると、その地元の方の中には嫌がる方もいますので路線名と駅名は伏しておきます。
ここは昔、この地を治めていた方の名前が地名になっているようです。
こんな雪景色の中を列車が走るのは珍しくはないのでしょうが、雪をほとんど見ない者にはなかなかのものです。


雪が降るということで、それなりの格好をして来ました。三角ストール、マフラー、ニット帽です。ちょっと大げさぐらいの格好ですが、こんな機会でないとさせない格好ですので許してください。世間ではニット帽を普段からしている方が多いですが、このニット帽は百均で買ったものだったように憶えています。縁が黒いので舞ちゃんのウィッグも黒で境目がはっきりしません。ベージュ色の子供サイズのニット帽もあるのですが、ウィッグを押さえる力が強いので前髪が貼り付いたようになってしまいます。前髪を横に少し流せばいいのですが、ウイッグの長さは帽子をかぶらない長さで切ってあるのでそうなってしまいます。
HP側記事内容は、ローカル鉄道 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ローウェストワンピ


今回は、数年前ヤフオクで買った北海道の方の作品のローウェストワンピです。
ワンピと言っても、実質はジャンパースカートです。ローウェストは、トップスとスカートの境目がかなり下にあることだと思います。
この品は、ジャンスカ、セーター、ソックス、マフラー、帽子というセット品で、北海道の方の作品でありマフラーと帽子があるので、この冬場に使うことが多いです。マフラーと帽子はこの写真ではありませんが、明日の記事で見てください、明日の記事の三角ストールは自作のものです。


赤の衣装は、写真写りに微妙な差が出てしまいます。このぐらいのエンジというかワインレッドは落ち着いた感じで良いと思います。
スカート裾は折り込んであるのではなく、ミシンでこのような模様に縫ってしまうもので、カーテンの裾などにこのような縫い方がしてあることがあります。


舞ちゃんには、今年GUで買った柄入りのニットワンピと半ズボンにしようと思っていたのですが、気分が変わり、去年買った白のアランニットワンピにしようかと着替え、また、雪が降っているから雪の中での撮影があったら白はダメかなと思ったりで結局、去年買って直した青のニットワンピにしました。
この青のニットワンピも着せたらかなり長いので半ズボンもやめてしまいました。

次週は「ローカル鉄道」、「秘密基地でのオフ会」、「華厳寺の赤鬼」の掲載予定です。

次週の記事は、秘密基地でオフ会があったことによる記事です。
ドールオーナー様はそれぞれのご事情があって、ドールをお迎えされているのでしょう。まずは、実践目的でしょうが、娘が家に来てしばらくすると実践目的以外の魅力に気づきます。その可愛らしい表情を見ているだけで癒され、"○○ちゃん、おはよう"と声をかけるようになります。そして、その瞳はグラスアイですが、いつもはそのグラスアイとしか見えなかった瞳に、自分を見てくれているというのに気づきます。それもいつもではなく、やっぱりグラスアイとしか見えない時、自分を見てくれている時、ドールが寝てい時と起きている時がわかるのです。こうなると、もうドールを手放せなくなってしまいます。


コンテントヘッダー

名古屋SRのピアノのお部屋


今回は、名古屋SRの大撮影スペースです。
12月の始め、 "しっくなお部屋" のときに桜ちゃんと蕾ちゃんで、手遊び歌 "せっせっせーのよいよいよい・・・" をやったのですが、今回は "ピアノのお部屋" ということで考えていて、"ねこふんじゃった" にしようとしていたのですが、ねこを踏むシーンを撮り掲載するとまずいと思い、"かえるのうた" に変えました。実際撮ってみると撮り方なんでしょうが、2人がつまんなさそうに見えてしまいました。


まあ、今回の "かえるのうた" は上手くいきませんでしたが、また、そのお部屋に相応しいことを考えたいと思っています。
ところで、名古屋SRさんの大撮影スペースの雰囲気が以前とだいぶ違うように思えます。以前は月に1回の模様替えですが、この頃は2月に1回の模様替えになっています。そして、季節感がなくなっています。それは、今ならひょっとことおかめのお面があり、コタツがあったりしました。まあ、DDは和室での撮影に向いていないのは事実ですが、もう少し季節感があっても良いように思えます。
HP側記事内容は、名古屋SRのピアノのお部屋 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

再開した東山動物園


今回は、鳥インフルエンザで休園していた東山動物園が再開したので、その再開初日に出かけました。
元々名古屋SRへ出かけることにしていたので、その日をいつにするかだけでしたが、最強寒波が来ていて土日は雪になるということで、13日の再開初日に出かけることにしました。
寒い時期だけに動物も活動的ではなく、キリンは建物から出てこず建物の中にいるところは見れました。
それでも入園されているお客さんは多かったように思えました。その中には、テレビ局も含めカメラマンの姿が多かったです。


そして帰り、いつもは金山から名鉄電車で帰るのですが、JR名古屋駅に寄りました。それは、夕方のニュース番組の特集で紹介していた "ぴよりん" を買うためでした。プリンにババロアが乗せてあり、まわりを可愛らしくひよこのように飾ってあるものです。このぴよりんはけっこう有名みたいで、娘は知っていましたが、女房は知りませんでした。女房は友達と名古屋へ出かけたときに寄り、お土産ではなく喫茶スペースでいただく計画みたいです。私は5個お土産に買って帰りましたが、1つが転がり3つは手の部分が引っ込んでしまいました。1時間ぐらいの電車での振動でそうなってしまうのは仕方ないことですね。
HP側記事内容は、再開した東山動物園 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

伊良湖の菜の花


今回は、1か月半前に出かけたとき海岸線には釣り人がほぼ均等に並んでいて、ドールと一緒の撮影にならなかった日の出の再挑戦と菜の花です。
今頃の日の出時間は午前7時の少し前ですので、移動時間を考えると妥当な時間になります。
そして、カメラは明るさの調整がされてしまうので暗っぽく見えますが、1か月半前に比べて日の出前でもかなり明るいです。


今季最強寒波が来たといっても、渥美半島は温暖な地域ですので菜の花が国道沿いに何か所も咲いています。
渥美半島菜の花まつりは1月~3月ということで、始まったばかりのようですが十分楽しめます。
HP側記事内容は、伊良湖の菜の花 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

タートルネックセータとタイトスカート


今回は、タートルネックセーターとタイトスカートです。
これは中国製で、ラメ入りタートルネックセーター、ヘビ皮風印刷のタイトスカート、黒のニーソックス、ネックレスのセット品です。何年か前に買ったものですが、その頃にすればかなり高かったように憶えています。でも今になって、ヤフオクで1万円超えで落札しているのを見たり、純正品でも高いのが当たり前みたいで、とても手が出せる状況ではないのに比べればそこそこの値段です。


このセット品は去年、花ちゃんと咲ちゃんが名古屋SRの撮影スペースのときに初めて着ました。それまでは、この服がうちのドールに着せてもいいものか、似合うものなのか疑問に思っていました。去年着せて、そんな迷いもなくなりました。
ラメ入り(ところどころに金糸があり光っている)の生地の使い方を少しは理解したつもりでしたが、いざ、どういう服にできるかまだまだわからないのが現状です。


舞ちゃんには、ラメ入りの服やヘビ皮風タイトスカートはないので、ごく普通のタートルネックセーターです。でも、首まわりに余裕があり襟を持て余す状況です。いっそのこと、高さ方向に半分に折り込んだ方が良いのかもしれません。
スカートの方は、春ちゃんのときヒップが入らずに着せれなかったスカートで、タイトスカートほどではないですが舞ちゃんに着せてみました。
舞ちゃんの座り姿勢が少々だらしない感じですが、関節を曲げてずっといるとシリコンにシワが残ってしまうとSRの方から聞いたので、少々だらしない感じに見えますが、ゆったり目に座らせています。要は、シリコンにあまり力がかからないようにしているのです。

次週は「伊良湖の菜の花」、「再開した東山動物園」、「名古屋SRのピアノのお部屋」の掲載予定です。

トランプ大統領の就任式が行われたようですが、就任直前までツイッターでいろいろ発信し、それによってアメリカの企業は右往左往しているように見えます。日本では言霊とか言魂といわれ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされています。これは話言葉でなくてもツイッターであろうがブログでも同じことが言えるのではないでしょうか、そのため、つぶやきなり記事にしても十分注意しなければなりません。
寒波が少し緩んだ先日、庭の草取りに出ると庭木の "いよかんの実" をついばんでいた "ひよどり" が、"ピーピー" と大きな鳴き声をあげていよかんの木から飛んで行きます。このひよどりの鳴き声は人間の言葉のような、エネルギーを持ったものでしょうか?、これとは別に最近、庭がところどころ汚い状態で、それは鳥たちのフンや運んで来たものや吐いたもので汚れているようですが、何か今までにはなかった汚さで、自然も何かが変わっているように感じています。


コンテントヘッダー

新春のふるさと公園


今回は、地元にある森林公園です。
今、どこへ出かけても散歩をされている方に会います。私自身の散歩は、平らのとこばかりで坂がありません。ここは逆に坂道ばかりなので足腰を鍛えるのには向いていると思いますが、ただ、辛いだけの散歩は長続きしないように思っています。自然の移り変わり、季節のお花などを見ながら歩くのは楽しいです。そして、同じく歩いている方と "おはようござます" の挨拶が、この町は生きていると思わせてくれます。夏場は暑いので、そのため家に戻る頃にはへばってしまいます。冬場は寒さ対策で着込んでいるのでいいのですが、ちょっと暖かいと服の中が蒸れてしまいます。


今年の正月3ヶ日は暖かく、この日もかなり暖かい日でした。ここの魅力は眺望ですが、暖かい日は霞んでしまうので少しは見えますが、頂上での記事にできるものは撮れませんでした。冬場はどこもお花が少ないですが、垣根のさざんかの赤いお花とスイセンの可愛らしいお花ぐらいしか会えませんでした。大きな木々の下に生えている野草の葉っぱは元気でしたが、写真にするほどの魅力を示してはいませんでした。
HP側記事内容は、新春のふるさと公園 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

初日の出と初詣


今回は、初日の出と初詣です。
テレビの夕方のニュース番組で、名古屋のテレビ塔の展望階で初日の出を見るという方々のことをやっていました。地元の一戸建ての住宅は2階のものが多いし、集合住宅はセキュリティーで入れません。そこで去年、線路をまたぐ跨線橋がけっこう高く、山からの日の出なので住宅の陰にならないところを見つけ、今年も出かけました。去年もいた方々が数名いましたが、毎年初日の出を見れるのはありがたいことです。


今年の初詣は暖かかったこともあり、去年よりも多い人出だったようです。初詣や夏祭りでの楽しみは、やっぱり子供の頃から露天です。猿回しがいたこともありましたが、今年はいませんでした。露天を見るとき、何か面白いものはないかと見ます。そして、今年は鯛焼きの口を受け皿にしたパフェがありました。なかなか面白いという露天は、行列ができているのですぐにわかります。このパフェは、注文を聞いてからパフェの詰め物をするので時間がかかるのはしょうがなく行列ができてしまいます。門前や境内に露天を出せば、お客が来る時代ではないのも事実でしょう。正月3ヶ日が過ぎたら露天のほとんどが引き上げてしまいました。
HP側記事内容は、初日の出と初詣 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

まずは縁側で


今回は、縁側での撮影です。
春ちゃんと多くの外ロケをしてきましたが、昨年からは月に1回のペースにしています。それは、浜名湖を臨む場所で軽ワンボックスに乗った方に恐い形相で監視をされてから、どんなに頑張っても悪いイメージとして見られるので回数を減らしています。舞ちゃんに変わったからと言っても、条件が良くなるとはとても思えません。等身大ドールが世間の人が見ても異様に思われない方法はないのでしょうか。まあ、ソフトバンクのロボットのペッパーがあのぐらいだから、まだ受け入れられるのでしょう。もっと高機能になったり、人間の姿に近いと異様に見られることが起きるのでしょう。
オバマ大統領が最後の演説で、"多様性を受け入れられる社会" と述べていたようですが、そんな社会からは遠ざかっていくようにしか見えないのが、とても残念です。


舞ちゃんのヘッドとボディのジョイントは、ボディの首に棒があるものでヘッドにはその棒を差し込む穴があいています。ヘッドの向きを変えるには、棒を中心にヘッドがまわるだけでとても簡単にできます。ヘッドの傾きを変えるのは、ボディ側の首下の関節で傾けます。表情を作るときヘッドの向きの調整が必要になり、首下の関節の傷みが心配されます。今現在、そのヘッドの向きがどうあると、どういう表情になるかをつかんでいる状況です。
HP側記事内容は、まずは縁側で をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ニットパーカーとスカート


今回は、東京のドルクで2年前の年末に買った服です。
ウールニット生地で前に合わせがあり、フードがあるのでパーカーということですが、GUでこんな色のウールニットのセーター、裾サイズから言ったらミニのワンピースかもしれませんが、Sサイズを買って直したものです。今年のGUでは子供用サイズのものも売っているようです。
ドルクは輸入品のお店のようですが、時々これはと言うものがあり、最近では出費を控えて東京へほとんど出かけていませんが、東京へ出かけたときは寄るようにしています。2階の方には面白そうなものがあることがあります。


輸入品の注意点はトップスの前の合わせが、日本の女性は右前になっているのですが、輸入品は左前になっていることが多いです。それは日本と輸入品の国との文化の違いなのでしょうが、こういうことを輸入代理店をされている方は理解して欲しいものです。着せるオーナー様が気になさらないならかまわないのですが、私はお店の人に品を見せてもらい、左前でしたがスナップボタンを付け直せば、右前になりそうなので買いました。
そして、ソックスとプリーツスカートも付いていたのですが、プリーツスカートは着せるとパーカーに押さえつけられその良さはほとんどありません。


舞ちゃんにはGUで買ったウールニットのミニのワンピースでも良かったのですが、舞ちゃんになってから完全にはお揃いにしていません。
町中のスーパーに併設された衣料品店で、何となく目を引いた子供服を着せています。元々ドット柄は好みでトップスは、胸ポケットのリスが気に入って買いました。生地は裏起毛の少々厚手のものです。スカートはチュール素材で、大きなチェックに音符の柄が入っているものです。チュール素材を使ったものは、寒い時期でもトップスとスカートが一緒になったものを見ると使ってあり、流行もあるのかもしれません。
ここのところ良く行く店よりも、町中の安売り店で気に入ったものを見つけます。子供服から見つけるので、あまりにも子供っぽいのは避け、できるだけシンプルなもので、安売りの値引きがしてあるものを見ます。お店の人には孫娘に買って行くように見られるていると思われます。

次週は「まずは縁側で」、「初日の出と初詣」、「新春のふるさと公園」の掲載予定です。



コンテントヘッダー

平安神宮から清水寺まで2


今回は、京料理展示大会のあったみやこめっせのすぐ近くに平安神宮があり、そこから南に向かって清水寺まで歩きました。その後半です。
高台寺の後、西に向かい広い通りに出て、南へ少しのところに多くの方が入って行く細い道があり、信号交差点には八坂通りとありました。そんなにも急ぐ散歩ではないので、同じように細い道へ入って行きました。そこはなかなかの写真スポットと思われる坂道でした。


そこから続く坂道は清水寺に続く道になっていて多くのお店が並んでいて、別の坂道からの合流したあたりからが清水寺の門前街のようで人が増え、特に修学旅行の中学生が目立ちました。
せっかくの京都の散歩ですから、着物姿の女性を撮りたくなります。まさに、それを目当てに撮る場面が多くなりました。
今回は寒気が来ていて少々冷えましたが、暖かい日に時間を気にしないぶらり歩きがいいですね。でも、清水寺から京阪の五条駅に向かって歩いているときは、少々疲れ気味でした。
HP側記事内容は、平安神宮から清水寺まで2 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

京料理展示大会2


今回は京都のみやこめっせで開かれた、京料理展示大会の後半です。
京都の料亭で出されるものは、こんな展示会でなければ見ることはないと思います。でも、多くの華やかな料理の中には、とっても素朴な感じのものもありました。


今回は新年が酉年ということがあって、いくつかの料理にニワトリがいました。そして、こんな可愛いヒヨコの料理もありました。
現在の鳥類は恐竜から進化したようですね、恐竜の時代もあったようですが、鳥という形にはなったにしても後々の世に子孫がいるのはすばらしいことと思います。さて、ワガママな人類がこのまま生き残るとは地球の歴史から考えられません。いったいどんな形に進化していくのでしょう。
HP側記事内容は、京料理展示大会2 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

酉年だよ!


今年は酉(とり)年だということで、前半は鳥を題材にしてみました。
名古屋の東山動物園が鳥インフルエンザで休園になり13日から再開のようです。毎年のように養鶏場の鶏が何万羽と殺処分されますが、全個体の簡易検査はとてもできないのでこうなってしまうのでしょうが、殺処分を減らす方法はないものでしょうか。


後半は、ラジコンカーで遊んでいます。
写真という静止画でやっている関係で、動いている様子を表現するのに最低2枚の写真がいることになります。あんまり動いている感じにはできませんでしたが、こんなもんでしょう。
舞ちゃんは一応指骨格がありますので、それなりにリモコンを操作している雰囲気は出せます。しかし、指骨格といってもしっかりした骨っぽいという感じではなく、グミ状の指骨格なしより少しそれなりに指の向き決められる程度です。何か見た感じ頼りない感じですがなかなかいいです。
HP側記事内容は、酉年だよ! をクリックしてください。


コンテントヘッダー

七分袖のセーターと七分丈のパンツ


今回は、七分袖のセーターと七分丈のパンツです。
七分袖のセーターは、秋のドールズインワンダーランド名古屋で買ったものです。最近、出費が多くいろいろ控えていましたが、この時、このセーターだけ買いました。このセーターは七分袖ではなくて、オフショルダー(肩出し)として着せるのだと思います。そうすると、袖の長さが調度良いぐらいです。何か、流行みたいにオフショルダーのセーターが多いのですが、あまり好みではなくうちのドールもそんな雰囲気ではないように思えます。


セーターに何を合わせるかと見ていたのですが、七分袖に合わせて七分丈のパンツにしてみました。これは中国製で、女の子らしい雰囲気の七分丈のパンツです。セーターでかくれている部分も女の子らしくレースの飾りが少しあり、お気に入りなので痛めないよう大事に使っていこうと思っています。


舞ちゃんには、西松屋さんで買って舞ちゃんのお迎えのときに着せたワンピースです。ルームウェア的ならこれで十分でしょう。カーディガンなどを上にはおれば外ロケにも使えそうです。
舞ちゃんは春ちゃんより細いので、130cmサイズの服でも慎重に選ばないとブカブカ感が出てしまいます。

次週は「酉年だよ!」、「京料理展示大会2」、「平安神宮から清水寺まで2」の掲載予定です。

朝方の散歩をしていると、去年の秋頃古い一戸建て住宅が解体され更地になったところがいくつかありました。家は住まないとどんどん傷みが進み、維持費がかかるので解体して更地にしたのでしょうが、持ち主は息子や娘のところか老人施設に移られたのでしょうか。残された土地は買い手や借り手が付かない状態が長く続きます。人はより条件の良いところに移り集中が進み、出ていった方は町が欠けていくように見えてしまいます。それは、一般庶民の収入には余裕というものがまったくないからと想像します。


コンテントヘッダー

平安神宮から清水寺まで1と年賀状


今回は、京料理展示大会のあったみやこめっせのすぐ近くに平安神宮があり、そこから南に向かって清水寺まで歩きました。その前半です。
本来、この曜日あたりはDDの記事にしていますが、年末年始は動きづらい面がありますのでお休みです。
本屋で売られている旅行の情報誌にも、お散歩コースとして紹介されていますが、寒気が来ていて少々冷える日でした。
どこの観光地にも外国人と思われる方がいますが、さすが京都は中国人と修学旅行生が多かったです。


旅行情報誌にあるように、平安神宮から知恩院、そして八坂神社の方に向かう計画でしたが、八坂神社に曲がらずにそのまままっすぐ行ってしまいました。それもまた、何かに出会う機会でいいのかもしれません。またの機会に八坂神社には行けばいいのです。
そして、何か所か着物レンタル店を見ましたが、ここはちょっと趣が違っていましたので撮ってみました。
HP側記事内容は、平安神宮から清水寺まで1 をクリックしてください。

「恵理香のお部屋」様から、年賀状で新年のご挨拶をいただきました。
ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
恵理香さん、ゆったりとされています。



コンテントヘッダー

京料理展示大会1と年賀状


今回は京都のみやこめっせで開かれた、京料理展示大会の前半です。
この京料理展示大会を知ったのは、たまたま見たNHKのBSでこの情報が出ていました。こんな大会があることはまったく知りませんでしたし、それが 111回にもなっているのには驚きました。日本の文化は、京都の公家文化が元になっているのはご承知かと思います。そんな歴史の一幕でも感じられたらと思い出かけることにしました。京都へは地元から高速バスが出ていて、12~2月の冬の閑散期は割安になっていて往復 4,600円で出かけられます。


出かけたのは 12月14日ですが、新年は酉(とり)年ということがあって、きっとこの酉年にちなんだ正月向きの料理もあるだろうと予想していました。見事に的中というか、この時期の料理は正月向きになるのは当然のことですね。
会場に出展されたていた料理の半分ぐらいしか写真に撮っていませんが、とても1回では掲載ができませんので来週後半を掲載します。
HP側記事内容は、京料理展示大会1 をクリックしてください。

「みゆき&なつみの家」様から、年賀状で新年のご挨拶をいただきました。
ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
さすが画伯ですね、にわとりの絵がすばらしい。


「ラブドールとあれこれ」様から、年賀状で新年のご挨拶をいただきました。
ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
愛ちゃん着物姿で、かなり頑張られたようですね。



コンテントヘッダー

お正月だよ!と年賀状


あけましておめでとうございます。
「春よ!来い!」をいつも見ていただき、ありがとうございます。今年もご声援をお願い申し上げます。
サイト名の春は春ちゃんのことですが、春ちゃんは引き取ってもらい、新しく舞ちゃんをお迎えしました。
私に話しかけてくれた以前の春ちゃんの魂は、ボディに宿っていたようです。そうとは知らず、左肘関節が折れたので去年5月にボディを換えてしまいました。人形には魂が宿りやすいと言われますが、元々魂は宿っていて以前の春ちゃんのように、オーナーに話しかけれるレベルに育つかどうかではないでしょうか。


お正月の始めは、毎年のように福笑いと日の出をやっています。見飽きているでしょうが、そう言わずに見てやってください。
世間一般に等身大ドールは、ラブドールとして見られ受け入れがたいのでしょう。そんなドールも、日常は可愛い娘でいてくれ動くことも喋ることもありませんが、その瞳と表情には抜群の癒し効果があります。「春よ!来い!」では、そんな癒しと仲良しを表現しています。
一昨年から出費がかさみ、今年もいろいろ節約しないければいけません。イベントにはほとんど参加できませんが、その代わり、いろいろ工夫していきます。
HP側記事内容は、お正月だよ! をクリックしてください。

「ひろかと共に・・・」様から、年賀状で新年のご挨拶をいただきました。
ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
いつも素敵なひろかさんです。雪だるまさんの隣の小さな門松、私も百均で買って玄関に置いてあります。4千円ぐらいのミニ門松は早々に売れちゃったみたいで、大きな門松は2万円弱してとても手が出ませんでした。



プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター