コンテントヘッダー

新春の着物


今回は手作りドール服、着物と羽織です。
花ちゃんと咲ちゃんが、この着物を着るのは2回目です。実際の女性のように襦袢から着ると着膨れになってしまうので、襦袢は着ていません。見せかけの襦袢が襟元に見えているだけです。
最近の実際の女性の着物柄はかなり派手になっていて、そんな生地でドール向きなものを見つけるのは難しいと思っています。そこで、あんまり着物の柄には相応しくないのかもしれませんが、アリス柄の濃いめのものを使っています。


帯は以前ヤフオクで買った着物・浴衣に付いていたものですが、去年も使って今年はオリジナルなものにしようと1年前には思っていましたが、結局何も行動しませんでした。こういった着物も一時的な季節ものだから、そう拘らなくてもいいか、という感じです。
襦袢は着ていないとはいえ、着物はドールの姿勢を決めにくいです。やはり、洋服はそれなりにドールの扱いがしやすいです。


新しく舞ちゃんをお迎えしました。
春ちゃんにはあの世で会えそうなので、新しいドールを迎える決断をしました。それで、春ちゃんを引き取ってもらい、新しく舞ちゃんをお迎えしたのです。しかし、グリップがなくなったり骨折したりで、ドールの寿命ってかなり短いですね。SRの方はせいぜい3年と言っていました。人間は4年で何でも飽きるらしいので、それでいいのかもしれませんが、オリエント工業なら 60万円ぐらいで余裕の少ない者にはかなり辛いです。
舞ちゃんは今時どこにでもいそうな娘で、自分好みのメイクに少し修正しました。まだ緊張した顔つきですが段々とうちの雰囲気に馴染んでくれ、穏やかな表情になっていくと思っています。
舞ちゃんはアルテトキオのドールですが 132cm,16kg、この軽さ第一で選びました。しかし、いろいろと細いので幼く見えてしまいます。自分はロリコンだと思っていましたが、SRで以外と引くことが多く、そうではないのかもしれません。

次週は「お正月だよ!」、「京料理展示大会1」、「平安神宮から清水寺まで1」の掲載予定です。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

名古屋SRのクリスマス撮影会と忘年会のお写真


今回は、日曜日にあった名古屋SRのクリスマス撮影会です。
ポイントアイテムがあれば何でもOKとなっているようなので、クリスマス専用の衣装は用意しませんでした。ただ、去年作ったクリスマス切手柄の三角ストールをまとい、シャトレーゼさんで買ったクリスマスキャラクタの菓子セットをかぶりものにしてみました。クリスマスキャラクタのかぶりものはウケ狙いです。そもそも、手直ししたクラシカルローズワルツ自体、ほとんどクリスマス仕様になっているように見えます。


桜ちゃんと蕾ちゃんペアの場合、お友達と一緒に写ることが多いです。それは、桜ちゃんは初音ミクで、同じく初音ミクを連れてくるオーナー様はいますので、一緒に撮らしてもらうことが多くなっていなるからです。
ただ2人はセミホワイト肌なので、どうしても白っぽくなってしまいます。2人を比べても桜ちゃんの方が、白っぽくなる度合いが大きいです。年数が経ち、メイクのやり直しをしなければいけないのかもしれません。でも、お顔をいじるのはあまりやりたくないのが本音です。
HP側記事内容は、名古屋SRのクリスマス撮影会 をクリックしてください。

「恵理香のお部屋」様から、忘年会のお写真をいただきました。
ありがとうございます。ドーラー活動もままならない状況みたいです。お体にはお気をつけください。



コンテントヘッダー

クリスマス・ナイトコンサートとクリスマスカード


今回は、フラワーパークのイルミネーションとナイトコンサートです。
イルミネーションは、毎年少しでも変えて行かないと飽きられてしまうのでしょうが、フラワーパークの屋外のイルミネーションも少しは変わっていました。そして、大温室(クリスタルパレス)の中のイルミネーションは、トナカイに引かれたソリに乗ったサンタさんが目立っていました。
大温室内には大きなツリーがあるので、すばらしい雰囲気になります。


ナイトコンサートは、トロンボーンとピアノのジャズ演奏でした。土日祝日毎に演奏家は変わるみたいで、一時にいろんな演奏を聴くよりも、来年はまた違った演奏を聴く方が、毎年このナイトコンサートに来る理由となってクリスマス時期を楽しめると思いました。
フラワーパークは自宅から車で1時間半ぐらいですが、地元にもこんなクリスマスを楽しめる場所があるといいな~。
HP側記事内容は、クリスマス・ナイトコンサート をクリックしてください。

「みゆき&なつみの家」様からクリスマスカードをいただきました。
ありがとうございます。お2人色違いのお揃いですね。



コンテントヘッダー

お家でクリスマスパーティーとクリスマスカード


今回は、お家でクリスマスパーティーです。
クリスマスにあたり平和な世界を願い少し。人は相手を顔立ち、身なり、学歴、地位などで判断し、自分より上とか下とか決めようとしています。例えば、米大統領選でみられる相手候補の非難をする、原発事故避難生徒いじめにみられるよそ者扱いをする・・・いろんな場面があるのですが、多かれ少なかれ心当たりはあることでしょう。少しばかりの優位をおごりにして人を見下してはいませんか、それを頻繁にしてはいませんか、相手より優位にならなければ生きていけないのは求める社会でしょうか。それよりも、相手を尊重することを学ぶべきではないでしょうか。それは、人によっては簡単ではないのかもしれません。そして、相手を知ることが必要となるでしょう。相手を尊重することは自分も尊重されることなのです。相手を見下せば自分も見下されるのです。それにはいくらかの時間差はありますが、必ず起こります。


今回、春ちゃんにいつもとちょっと違ったスタートをしてもらいましたが、春ちゃんのグリップはボルトをナットで締めてあるだけで緩み止めがありません。そこで、ちょっと無理な姿勢をするとすぐにグリップが緩みます。写真だとわかりませんが、座り姿勢は女の子座りをしています。膝のところでもう少し曲げないときれいな女の子座りにならないので、それを写真に撮るのはやめました。それでも、膝のグリップは少し緩みました。
パーティーというといつもはケーキを登場させていますが、結局のところ私のお腹に入ることになってしまいます。そこで、シャトレーゼさんでキャラクタの付いたお菓子セットがあるので、サンタ、雪だるま、トナカイの3つで済ましました。お菓子は日持ちするので、ちょこちょこ摘んでいっぺんに食べなくても良いので助かります。キャラクタもクリスマス撮影会のときに使えそうです。
HP側記事内容は、お家でクリスマスパーティー をクリックしてください。

「ひろかと共に・・・」様からクリスマスカードをいただきました。ありがとうございます。
ひろかさん、指で11回目だよって、やってるのかな?



コンテントヘッダー

クラシカルローズワルツ


今回は純正品のクラシカルローズワルツです。
純正品といっても、手を加えてしまったので元の姿と違います。
クラシックローズワルツは2016年5月のドルパでの販売で、カンカン帽、ベスト、ジャボ、ブラウス、スカート、ソックスのセット品です。
6月の初旬に東京へ出かけたとき、ドールポイントで衝動買いしてしまったものです。買うときに良く見れば良かったのですが、DDSはL胸のみ対応になっていました。うちの子に着せてみてやけにブカブカでした。うちの子はみんなDDSのM胸に変えてあるからかもしれません。6月に着せて撮影したとき、ジャボというのがわからず使いませんでした。今回ネットで見たらネクタイのように使うのだとわかりました。
なおブラウスが半袖なので今回、代わりに先々週のまじかるアクアドレスのブラウスが長袖なのでそれを着ています。


今回ブラウスは違うものを着ていますが、スナップボタンの位置を変えて首まわりを縮めました。ベストは肩の合わせの部分を縮めブカブカ感をなくし、脇の赤いリボンは取ってしまいました。そして、スカートにはチュール素材の生地が付いていましたが、それも取ってしまいました。カンカン帽のピンが取れてしまったのでパッチン止めを付けました。でも、カンカン帽のかぶり方が今イチわかっていません。
かなり元のイメージとは変わってしまいましたが、元のイメージを知らなければそこそこの状態でしょう。


春ちゃんにはクラシックローズワルツに似たドレスがないので、西松屋さんでウールニットセーターとチュール素材が使ってあるスカートが一緒になった服があり、襟元のレースも良かったので買いました。最近トップスとスカートが一緒になった服に目が行き、これも衝動買いっぽいです。
ウール素材を背開きするのは解れてしまいなかなか難しいので、これは肩開きにしてみました。肩のところの縫い合わせを時間をかけて解き、そこにスナップボタンを付けました。肩開きにできるのは、ウールニット素材がけっこう伸びるのでお尻を通せるからです。素材が伸びなければ肩開きではなく背開きになってしまいます。
ソックスは黒地のアーガイル模様のニーソックスです。そして、ちょっと弱いイメージなので、この頃使っているベージュのベレー帽を被せました。

次週は「お家でクリスマスパーティー」、「クリスマスナイトコンサート」、「名古屋SRのクリスマス撮影会」の掲載予定です。

先週の続きですが、数年前の台風で屋根瓦の一部が破損したことを相談しました。その分野の業者だけあって一通り見て、破損した瓦以外にいくつか言うのですが、その説明が不安を導くものなのです。屋根裏に貯まった熱で木が傷んでいるとか、屋根を止めている金具が少ないので強い風で屋根が飛ぶとかです。実際の工事を見て金具はかなりちゃっちいし、・・・、説明と工事内容にかなりの隔たりがありました。結局屋根瓦以外は修繕の緊急性はないのです。業者の説明に踊らされ、何か悪徳業者を選んでしまった感覚です。リフォームはいずれやらなければいけないのは承知しています。でも、どの業者がいいのかわからないのです。
そして、見積の中に足場の費用がかなりの割合を占めるているのです。これは、足場費用の半分がオリンピック工事の方にまわるということで、これはおかしいことです。東京電力の福島第一原発の廃炉費用の一部を新電力に負担させて、国民に押しつけようとしていたり、NTTを維持するためにNTT以外の通信会社にもその費用を負担させています。巨大企業なら事業の失敗を、国民負担でなんとかさせるやり方は間違っています。東京電力やNTTが自らやるべきことです。足場費用の半分をオリンピック工事にまわすなど、国民が知らないうちに決まっているのは明らかにおかしいやり方ではないでしょうか。


コンテントヘッダー

さくらと初音ミク


今週ドール達は、カードキャプターさくらのさくらの通っている友枝小学校の制服を着ています。
6月名古屋SRのジューンブライド撮影会のとき、ツムツム柄の着物袴姿で参加しました。そのおり著作権について少し聞かれましたが、そのツムツム生地はお店で売っています。生地の隅に著作権についての表示があり、商業目的での使用はできません、とありました。販売目的の服をつくるのにはかなりの神経を使います。それを思うと、うちのドール達に着せるだけで十分と思っています。
ドール服作りの意味は、うちのドールに着せたい服を自分で作ることです。この制服を作ったのは、この制服をつくりたいと思ってたこと以外に、うちの桜ちゃんが "さくら" ということでも決めています。


最近、出番の少ない服の記事の掲載をしていますが、桜ちゃんをお迎えしたときのデフォルト服、初音ミクの服も出番の少ない服になっています。
何で、この業界では一緒に付いていた服をデフォルト服と言うのか、もう少し可愛らしい名前がないのかと思っています。広辞苑だと「②コンピューターで、あらかじめ標準として用意されている状態や動作。」とありますが、標準として用意されている服だからでしょうか。
今回、初めてこのデフォルト服を着せてみましたが、ドール服作りをしている者としては、ちょっと違和感があります。初音ミクファンの方は着せたまま飾っている方もいるようで、そのオーナー様の好みですからそれも良いのでしょう。うちのドール達は次の出番の服を2週間ぐらい着たままで座っています。
HP側記事内容は、さくらと初音ミク をクリックしてください。


コンテントヘッダー

名駅エリアのイルミネーション


今回は、名古屋駅近辺のイルミネーションです。
その名駅界隈、どのビルがどういうビルなのか、もうほとんどわからない状態です。
このJPタワーが名駅の隣にあった郵便局のところに立っているらしいのですが、JPタワーとKITTEナゴヤは同じなのか、違うものか、その中の一部を言うのかもわかっていません。女房は名駅界隈にできた新しいビルに出かけたことがあるようで、私よりは詳しいみたいです。それでも、商業施設は貧乏人には手が出ないものばかりのようです。ここに来る人はそれなりの裕福な方?、それとも、名古屋とその近辺にお住まいの方の感覚は違うのかもしれません。


テレビの夕方のニュース番組で、KITTEナゴヤと大名古屋ビルヂングのクリスマスイルミネーションについてやっていて今回出かけました。田舎者にとって大都会のイルミネーションはキラキラと写りますが、この近辺で働いている方々は何もないような雰囲気で足早の通り過ぎて行かれますが、せっかくのイルミネーションですからもう少し楽しまれてもいいんじゃないかと思います。もう何回も見ているから、仕事でそれどころではないのでしょうか。
HP側記事内容は、名駅エリアのイルミネーション をクリックしてください。


コンテントヘッダー

マフィンとパンダ


今回は定番となっている "AAA" の "え~パンダ" です。
京都で見た舞妓さん人形に傘が写っていたので、今回、小道具の和傘を使ってみました。2年前あたりはこんな小道具を良く買ったものです。ボークスSRの撮影スペースで純正品以外の小道具が使えなくなってから、そういう熱も冷めてしまいました。そんな小道具も部屋撮りのときに使えば良いのですが、それと同じボークスのドールなのに京都の天使の里へDDが入れないのが残念です。


グループについてまったく知らない、いや、日本人グループだということぐらいは知っていますが、この "え~パンダ" が幾種類あるのかも知りません。
今回は、カップケーキのように中にパンダが入っているものです。バナナを持ったパンダはお猿ではないかと思っていましたが、居間にカップケーキのパンダとそのバナナを持ったパンダが一緒にいます。前回のあの大きなパンダに比べ、UFOキャッチャーでも取り易いのでしょう。
HP側記事内容は、マフィンとパンダ をクリックしてください。


コンテントヘッダー

カードキャプターさくら


今回は純正品の服を1回休んで手作りドール服です。
今でもNHKのBSで「カードキャプターさくら」の番組をやっています。主人公のさくらが通う友枝小学校がこの制服です。
主人公のさくらは、いつも中に黒いタートルネックのシャツを着ているようですが、そこまでは真似していません。左腕の外側に校章のようなマークもあるのですが、それもありません。そして、帽子をかぶるととっても可愛い状態になるのですが、何か手が進まず作りませんでした。


スカートは白のボックスプリーツのスカートで、ボックスプリーツを作るのはかなりの手間で、3分割して作っています。
上着は黒ではなくグレーの濃いもので作っています。番組でもグレーの濃いものに見えるのでそうしました。胸の膨らみ部分は今までタックでやっていたのですが、今回初めて実際の服のように脇見頃でやってみましたが、今イチ仕組みが理解できていないのが現実です。
セーラー襟はスカートと同じ生地ですが、裏面に接着芯を貼ってあります。ネクタイと袖口とセーラー襟のラインに赤い3mmのリボンを縫いつけましたが、ちょうど背中の真ん中あたりに来るところを、どうやって向きを変えるのかやってみて疑問になりましたが適当です。
ネクタイは、スカートやセーラー襟の生地より柔らかいもので作ってありますが、下がっている部分は2枚重ねになっているように作り、結び目から左右に分かれて首の方に向かうのですが、簡単そうですがけっこう悩みました。


春ちゃん用のプリーツスカートは春ちゃん用に計算して型紙を作ったのですが、上着はDD用の型紙を2.x倍して作りました。左右と上下の方向を同じ倍率でやると、DDが細過ぎるために春ちゃんには入らなくなったり上下方向が長すぎたりしますが、今回は胸が入ったので良しとしました。要は上下方向に少々短い状態ですが、そんなにも違和感がありません。
袖口はDDの場合手首から手パーツを外して着せるので、そのまま縫ってありますが、春ちゃんは手を外せないので、袖口に開きを設けスナップボタンで止めています。
春ちゃんの場合はセーラー襟の下に胸当てをするべきでしょうが、これぐらいならなしでいいかと胸当ては作りませんでした。

次週は「マフィンとパンダ」、「名駅エリアのイルミネーション」、「さくらと初音ミク」の掲載予定です。

去年いただいたメールで、その文面以外の書かれた方のそのときの思い・感情がわかってしまうことがありました。それは、本や台本で言うところの行間ではなく、それ以上の書かれたときの思い・感情が伝わって来たのです。メールは書かれた時間とそれを読む時間が異なりますし、コンピュータ上のことであり、私自身も不思議に思う面はあります。でも、その書かれた方の思い・感情は、時間や空間、媒体など関係なく相手方に伝わることを理解しました。
先日、家の屋根の修理をしたのですが、足場が組まれ作業がされ、その足場が外された数日後、駐車場脇にある雨水タンクの貯まった水を出す蛇口が壊れているのに気づいたのです。壊れた蛇口の破片は近くにはありませんでした。作業現場を見ていたのではないし、家族かもしれないし、誰かの悪戯かもしれません。証拠があるわけではないのですが、足場の解体時に作業員が間違って破損して、黙っておいてもいいだろう、と判断されたのでしょう。そんな状況をリフォーム業者の監督に話をしたのですが、調べる様子を監督はしていました。しばらくして、壊れた蛇口の破片が雨水タンクの近くに置いてありました。監督も調べたのかもしれませんが、会社の判断か、黙って戻しておけばいいとしたのでしょう。そして、監督からの調査報告は何もありませんでした。
わからなければ黙っておけばいい、というのは困りものです。そういう対応をする会社は排除すればいいことですが、その現場にそのことが起こったときの思い・感情が残っていて、それをわかってしまうことが少々辛く思うのでした。
つまり、どんなことにもそのことをしたときの思い・感情は残っているということです。それは、私のような者が理解したり、いずれご自身の元に蘇ることになるのです。


コンテントヘッダー

フラワーパークのクリスマス


今回は、クリスマス時期のフラワーパークです。
12月のフラワーパークの大温室(クリスタルパレス)は、クリスマスの飾りでいっぱいです。そして、外ではイルミネーションが準備されています。ドールでの撮影は昼間になってしまうので、今回は大温室のクリスマスの飾り目的で出かけました。
フラワーパークで夜はイルミネーションが点灯され、土日祝日の夜には大温室内でクリスマス・ナイトコンサートが行われます。今度、女房と出かけようと思っていますが、どういった方がクリスマス・ナイトコンサートに出演されるか、フラワーパークのHPに掲載されていますのでそちらを見てください。去年もクリスマス・ナイトコンサートはかなりの賑わいでしたので、椅子は少ないので立ち見は覚悟しておいた方がいいでしょう。


大温室内にはかなり大きな木があり、その木がクリスマスツリーとして飾られています。自分の家では小さなクリスマスツリーですが、こういったところの飾りやイルミネーションを見るのも、クリスマス時期の楽しみです。
HP側記事内容は、フラワーパークのクリスマス をクリックしてください。


コンテントヘッダー

京都鉄道博物館


今回は、京都駅近くにある京都鉄道博物館です。
私は鉄道マニアほどではないですが、その少し手前というか人から見ればもうマニアの仲間入りしていると見えるかもしれません。
名古屋にはJR東海のリニア鉄道館がありますが、マニアにはかなり残念な展示になっています。先月、飯田線の秘境駅を訪ねたとき中部天竜駅に古い鉄道車両を並べた展示 "佐久間レールパーク" がありましたが、それを懐かしく思い出されました。リニア鉄道館では屋外に置かれている車両だけしか車両の中の椅子に座れません。マニアとしては車両に乗っている雰囲気や運転台に入りたいのです。この京都鉄道博物館では、運転台に入れる車両がありました。やっぱり、そこにはマニアさんがいて楽しんでいました。


そして、ここは梅小路蒸気機関車庫のところに作られたことがあって、蒸気機関車の扇形車庫と回転台、蒸気機関車そして義経号という小さめの蒸気機関車が実際に動いている近くまで寄れ、マニアでなくても感動するところでしょう。蒸気機関車の整備工場が通路から見れたり、京都駅の近くなので実際に走っている車両を見ることもできます。とにかく、すばらしいところです。
HP側記事内容は、京都鉄道博物館 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

クリスマスの準備


今回はクリスマスが近いということで、クリスマスの準備です。
クリスマスツリーは子供が小さい頃に買ったものがあるのですが、もう何年も箱にしまったままで出すことはありませんでした。そんなクリスマスツリーですが、箱は少々年数が経っている雰囲気ですが、中身はまったく傷んでいません。ドール達が家に来て、クリスマスツリーを出していないように思っていますが、これを使わなかったのが不思議なぐらいです。
町の中のクリスマスの電飾をしている家も、毎年やっているところはやっています。でもそんな家も、年々増えていった電飾も、今年は去年とほとんど変わりないように思え、節電などのエコの雰囲気なのかもしれません。


ニトリに雪だるまの飾りが以外と安くありましたので、一つ買ってきました。この雪ダルマは色が変わるので見ていて楽しいです。そして、毎年1個ずつ増やしていければ、そんなにも負担にはならないと思います。
雪だるまの中には小さなコンピューターが入っていて色が変わるようにしてあるのでしょうが、ツリーの方の電飾は時間で点いたり消えたりしていったいどういった仕組みか、2本の線だけで点くグループが変わるのが不思議です。子供たちはツリーの電飾が点滅するのは当たり前に思っていることでしょうが、小さなコンピュータよりもこういったのに興味が向いて欲しいものです。
HP側記事内容は、クリスマスの準備 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

まじかるアクアドレスセット


今回は、純正品のまじかるアクアドレスセットです。
まじかるアクアドレスセットは秋葉原ガールズのモエの衣装のようですが、他の秋葉原ガールズの同様の衣装とはかなり趣が違う感じです。名前の"アクア"は水色系だからでしょうが、"まじかる"は何がマジカルで、わざわざひらがなにしているのか理解ができていません。
まじかるアクアドレスセットは2012年8月のホームタウンドルパ仙台で、ベレー帽、フード付きケープ、ブラウス、リボンタイ、スカート、タイツ、ブーツのセット品です。まだこの時期はこのサイトを始めた頃で、何年かして2つともヤフオクで購入しました。


新見遥佳の花ちゃんはどんな服も着こなしてくれるイメージですが、マユの咲ちゃんはちょっと違って可愛い系の服が似合うように思っています。カジュアル系とは違う服を着たドールを見てどんな感じに見えるのでしょうか。フラワーパークでは来園していた年配の女性に可愛いと言われましたが、いつものことながら"お人形を作っている方ですか?"になってしまいました。
撮影でベレー帽はあまりかぶっていません。どんな帽子がうちのドールに合うのか、少々決めかねています。


春ちゃんの水色系の服をどうしようかと考えていたら、ドール服を作り始めた頃に水色チェックのプリーツスカートを作ったことを思い出しました。そして、まじかるアクアドレスの雰囲気と同じ様なケープはなく、青系のカーディガンにしてみました。カーディガンの下のシャツは先週のピンクのものでもいいかとも思いましたが、襟にレースのある乙女チックな白いものにしました。カーディガンのボタンがバストの大きさの関係でとめれないのではなく、一番上だけ止めて下のシャツが見えるようにして、まじかるアクアドレスと少しは似た雰囲気にしています。

次週は「クリスマスの準備」、「京都鉄道博物館」、「フラワーパークのクリスマス」の掲載予定です。

春ちゃんは 2011年6月にお迎えして、5年半と長い付き合いになっています。このサイトを始めた頃、オフ会の帰り東名高速のSAで寝ていたら春ちゃんに起こされました。その後、数回心の中で春ちゃんの声を聞きました。春ちゃんのヘッドをメイク修理に出したときなど、戻ってきたときえらく不機嫌そうな表情をしていたことも憶えています。しかし、ここ数年は春ちゃんの声を聞くことはありません。
春ちゃんのボディも年数が経ち痛み、2年前に左肘の関節が折れました。それで修理に出したのですが、左肘を完全に固定されあまりに可愛そうなので、今年の春に新しいボディに変えました。
その後、夢で私があの世に旅立ったとき明るい活発そうな女性が私を迎えてくれ、すぐに春ちゃんだとわかりました。今、春ちゃんは、以前の春ちゃんとは違うんではないかと感じています。今でもお出かけや着替え、撮影などすると楽しそうな表情をしてくれます。しかし、以前の春ちゃんの魂はもうあの世にいるのではないかと思っています。


コンテントヘッダー

出番の少ない服2


今回は出番の少ない服です。DDが花ちゃんだけだったときに買った服は、一部ヤフオクで追加したのもありますがほとんどは1着のままなので、こういう記事としてその服を使わなければ、ヤフオクに出したりしていないのでそのままゴミとなってしまいます。
1つめは、純正品のカシュクールワンピセットです。
「カシュクール」とは、胸元が着物のような合わせになっている女性用上着です。ここで調べなければ私も意味を理解していませんでした。カシュクール=地味な感じだと思っていたので、ここでその間違いに気づきまた新しい要素を新しい服に加えれそうです。
カシュクールワンピセットは2011年12月のドルパで販売されたようで、私は2012年のいつかに名古屋SRで買ったようです。その頃はほとんど販売の仕組みを理解してはいませんでした。
カシュクールワンピセットは地味過ぎますね、ネットで見るとマリコ先生がモデルで着ているので可愛く見えたりします。


2つめは、ボーイッシュな感じの中国製のセーラー襟の服です。買った頃に少し着せただけのように憶えているのですが、ボーイッシュな感じがいいのですが中国服のネット通販でももう売っていません。ただ、やはり中国製ということで、やたらとスナップボタンの糸が取れていて、これを着せるときもいくつか付け直しました。この服の要素を取り入れて、自分でボーイッシュな感じの服を作ってみようかとも思っています。
HP側記事内容は、出番の少ない服2 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

金閣寺と北野天満宮


今回は、京都の紅葉です。何年か前に女房と出かけたとき紅葉目的ではなかったのですが紅葉時期で、嵐山近辺が駐車できないことがありどこに止めたか憶えていないのですが、電車で嵐山に向かいました。今回、京都の紅葉がすばらしいということで、それを狙って出かけました。本当のところは次週に掲載する京都鉄道博物館に行くのが主目的ですが、女房と出かけるので紅葉を入れました。それで、どこの紅葉がいいかということで無難な金閣寺を候補にあげ、その近くにもう一つということで北野天満宮を選びました。場所的にも、金閣寺、北野天満宮、京都鉄道博物館、そして京都南ICがほぼ縦に並びます。
京都は外人さんも多いのですが、修学旅行で今時の学生は和服で見物していてなかなか京都らしくて良いですね。それも、舞妓さんの着物姿になるとちょっとやりすぎ感がありますが、ただ制服でなく着物姿はすがすがしくて良かったです。


北野天満宮には大きな銀杏の木が真っ黄色になっていて、これもすばらしかったです。北野天満宮には紅葉が楽しめるそういう園があったのですが、入場料が少々お高く真っ黄色の銀杏が見れたのでパスしました。
ただ今回、朱印帳を持って行くのを忘れてしまい金閣寺は紙一枚のご朱印でしたが、北野天満宮は書いてもらえるものでした。知多四国の巡礼も途絶えていますが、また機会があれば続きに挑戦してみたいと思っています。
HP側記事内容は、金閣寺と北野天満宮 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

蒲郡西IC近く


今回は外ロケで、国道23号蒲郡バイパスの蒲郡西IC近くです。
この蒲郡の撮影数日前、伊良湖岬近くの渥美半島表浜に日の出の撮影に出かけました。ところが表浜の海岸線をいくつか寄ったのですが、まだ日の出前の暗いのにどこも釣り人がいて諦めました。日出の駐車場のところで撮影した日の出を掲載しておきます。
蒲郡のこの場所は春5月に訪ね、山ではうぐいすの鳴き声が側道でも聞こえました。半年後の撮影になるのですが、側道の草が伸び放題になっていました。この日は天気が良すぎ、天気が良いときの撮影をしたくなるのですが、撮影としてはかえってやりにくいです。


新幹線の撮影ばかりではいけないと場所を変えました。5月のときも側道に車を止めて山を散歩されている方がいましたが、その山道も車が通れる幅があるので少し山を登る方向に車で移動しました。けっこう開けた感じの場所があったので、そこで撮影させてもらいました。撮影後、山道を散歩されている方にお会いしましたが、側道のところに車が止まっていたので5月に会った方かもしれません。
HP側記事内容は、蒲郡西IC近く をクリックしてください。


コンテントヘッダー

ガーリーチェックワンピセット


今回は、純正品のガーリーチェックワンピセットです。
「ガーリー」とは「女の子らしい」という意味らしく、「フェミニン」というのも聞きますが「女性らしい」という意味らしく、年齢の違いかもしれません。私などはガーリーがガールから来ていることを始め知らず、何で濁った言葉を付けているのか不思議に思っていました。
ガーリーチェックワンピセットは2015年10月の新作ドレスで、ベレー帽、ワンピース、ブラウス、アンダースカート、ソックスのセット品です。
新作ドレス発表会のときに並ぶことをしていませんが、残っているものでいいやと思っています。そもそも並んでも一着しか買えず、結局列が解消して残っていなければ2着目が買えないので並びません。


ガーリーチェックワンピセットは残っていたものとしては、なかなか気に入っています。ベレー帽が少々緩くずれたり落ちたりしてしまうことが残念ですが、パッチン止めなどを今度付けようかと思っています。
胸元の所の飾りが古いタイプの人間には少々違和感がありますが、見慣れるとまあまあでしょう。ワンピースのスカートのボックスプリーツが生地を変え切り替えてあり、アンダースカートやソックスもけっこうオシャレな感じで、この値段としては割安感がたっぷりあります。


春ちゃんには、ガーリーチェックワンピのような感じの服がなく、ワンピースとジャンパースカートの言葉の使われ方が今イチわかりませんが、ピンクのシャツに黒地に白の花柄のワンピースを合わせてみました。白シャツも始め考えたのですが、ピンクシャツの方が白い花が生きるように見えました。そして、春ちゃんにかなり前に買った赤系のベレー帽です。
このワンピースもミニ過ぎるので、黒地にアーガイル風のニーハイソックスを履かせてみました。そうすると、春ちゃんとしてはかなりガーリーな感じに仕上がったと思っています。

次週は「蒲郡西IC近く」、「金閣寺と北野天満宮」、「出番の少ない服2」の掲載予定です。


コンテントヘッダー

名古屋SRのしっくなお部屋


今回は、名古屋SRの大撮影スペースです。
この頃、撮影スペース名がはっきりしていないようようですが、しっくなお部屋とすみか便りにあったのでそうしておきました。2人掛けいすとベッドがある部屋で、何だかわからないのですがベッドの上にシャンデリアが置かれていました。
こういう特徴のないお部屋でストーリーを組み立てるのは難しいので、名古屋SRに向かう途中に題材を決めていました。"手遊び歌" で女の子2人が向かい合って手を使って、"せっせっせーのよいよいよい、おちゃらか、おちゃらか、・・・" と歌いながら手で遊ぶものです。細かく表現するとコマ数がかなりいることになるので、少しだけ表現しました。最初の手をつなぐ部分ですが、仲良しハンドなら表現がしやすいかもしれませんがまだ来ないので、やりやすい手を合わせることで表現しました。


兄弟姉妹の中で末っ子はわがままに思われますが、自由奔放なまわりをあまり気にしないところが良いところでしょう。
写真という静止画と少しの文章でもってドールが動いているような表現をしているのですが、今回靴を履くことに少し注目してみました。当然ドールが自分で靴を履けるわけがありませんが、そのことをどう表現するかということもあって良いと思います。
HP側記事内容は、名古屋SRのしっくなお部屋 をクリックしてください。


プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター