コンテントヘッダー

カラフルモンスターのジャンスカ


今回も先週につづき手作りドール服です。
このカラフルモンスターのジャンスカも、先週の女の子のジャンスカと同じ時期に作ったものです。


冬場は濃いめの服がわりと多いのですが、そんなこともあり黒地に色鮮やかにモンスターが描かれているのは見ていて楽しいです。


舞ちゃんは先週と同じ、ネコ柄のセーターとニットワンピです。
次週も部屋撮りではないので、黒のストッキングを履かせています。先週と同じ格好でもいいのですが今回は足を組ませてみました。以前のボディでは、この格好ができたのかわかりませんが、無理な格好をして怪我をさせてはいけないことが先に立ちこの格好をやろうとは思いませんでした。舞ちゃんのボディはなかなかの自由度がありこの格好に挑戦してみました。
電車で名古屋へ出かけたとき、長椅子型車両で女性がストッキング姿で足を組んで座っているのを見て、舞ちゃんに真似できるかやってみました。

次週は「浜名湖SA近く」、「トヨタ産業技術記念館」、「フラワーパークのお花」の掲載予定です。


今月始め頃、名古屋SRに寄って地下鉄で本陣駅まで行き、そこから歩いて "ほのか小の西隣" にある "味の店にわ" に寄って来ました。
名古屋のメ~テレでは夕方のUPという番組で食事処の紹介を頻繁にしているのですが、それで紹介されたお店です。女子会向きや高そうなお店には興味がないのですが、古びた感じのお店でときどき美味しいお店があるので、今回名古屋へ出かけるときに寄ろうと計画していました。
地下鉄本陣駅から名古屋駅の西の住宅街を歩くとすぐに "ほのか小南門" に来たのですが、地下鉄改札付近にあった地図でももう少し先のような気がしたので、もう少し歩き2名の仲良し年配女性に "ほのか小" とテレビで見た "味の店にわ" について訪ね、ほのか小はもう1本向こうの通り、にわさんは市場にいてこちらに移って来られ・・・と詳しそうでした。お話が長くなりそうでしたが丁寧にお礼をして分かれお店へ向かいました。そもそもわかりやすい道で行けばいいのでしょうが、街の雰囲気も味わいたく適当に歩いていたのです。
お店の前に11時半頃着いたのですがのれんは出ているのですが準備中、10分ほどほのか小側で待っていたのですが準備中は変わらず、戸を開け中に入るとお母さんが準備をされていました。近所でご不幸がありその受付等の話し合いがあったそうです。おかあさんに準備中の札を営業中に裏返ししていいか聞いて裏返しました。少々濃いめの味付けでしたが、名古屋駅の東側の賑やかさとは違い、名古屋駅の西側はかなり静かな感じです。このお店の後、トヨタ産業技術記念館まで歩きました。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

マーガレットのお花


今回は、お庭で咲き始めたお花です。
マーガレットのお花もまだまだ少ししか咲いていませんが、これからどんどん咲いてきれいになることが想像できます。
寒かった時期を過ぎ、お花が次々と咲いて春爛漫の時期がとても楽しみです。


今年は庭に植えてある伊予柑の木に実がいっぱい成り、ヒヨドリが成っている伊予柑の実をつついて食べていました。伊予柑の実は全部収穫してしまいそんなこともあってか、プリムラのお花が食べられ花弁が欠けてしまっています。この撮影をした次の日には薄いピンクの花弁以外も食べたようで、まだ残っている伊予柑の実を切って庭に置いて置こうかと考えています。そうすると、鳥がフンをしていくのでそれも困りものです。花弁の欠けたプリムラもそれでも元気にどんどん新しい花芽が出てきてありがたいです。
HP側記事内容は、マーガレットのお花 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

地元の河津桜


今回は早咲きの桜です。
そんな早咲き桜もいろいろ種類があるのでしょうが、地元名の名前の札が付いていましたが河津桜の種類だと思われます。
ここはあまり大きくはない川の両岸で、新興住宅地近くで川の整備に合わせ桜も植えられ散歩コースになっています。
昼間は暖かいこともありますが、そんな中お花が咲いているのを見ながら散歩できるのは楽しいと思います。


ドールとの撮影では、あまり大きくない木を使います。木を痛めたりしてはいけないことはもちろん、柵などがあったらその中へ入ることはしないなどマナーは守っています。
ただ、こういう川や道路でも雑草の刈り取りなどがされていないのが残念です。通過だけの車のための道路整備や3月の年度末になると片側交互通行が増えるなど予算配分をしっかりして欲しいものです。新興住宅地近辺はきれいになりますが、古い住宅街は年齢層が上がり歯抜けのように空き地ができてしまうことになって、ギャップが激しいです。
HP側記事内容は、地元の河津桜 をクリックしてください。


コンテントヘッダー

スタッドレスタイヤ


今回はスタッドレスタイヤです。
一年前に新東名高速走行中に異音が発生したりで車を変えたのですが、変えた車のタイヤサイズが大きくなりスタッドレスタイヤとチェーンが使えなくなりました。冬場に出かけることもあるので冬用装備は必要になります。その一つに2月23日の富士山の日です。今年は西湖いやしの里根場に行く計画を立てていて、雪が残っているのではないかと思っていました。結局のところ、富士山の雪景色と日陰以外で路面に雪が残っていることはありませんでした。でも、その地で身動きができなくなって車にドールがいては、大変なことになってしまいます。岐阜金華山の手前信号交差点で警察官に見られることは、何でもないことです。
そういうことで、スタッドレスタイヤを購入装着しチェーンを用意していました。3月になりもういいだろうとノーマルタイヤに戻しました。


タイヤって、かなり重たいですね。タイヤを運ぶのに気合いを入れていないので、落としそうな感じになり持ち替えたりしました。それに比べ、舞ちゃんは気合いを入れて運ばなくても、落としそうになることはないので助かります。
スタッドレスタイヤを使って縁側での撮影をしたのですが、ドールたちにスタッドレスタイヤは似合わないのでブランコの撮影もしています。
HP側記事内容は、スタッドレスタイヤ をクリックしてください。


コンテントヘッダー

女の子のジャンスカ


今回は手作り服です。
手作り服を始めた頃は、手芸洋品店のカットクロスでジャンパースカートを作っていました。
手芸洋品店にあまり行かなくなったのですが、サイズダウンなどカットクロスの値段が上がったこと、さらに、買ったけど使わない生地が増えてしまい無駄にしたくないという思いからです。
いくつか作ったジャンスカの中で、この女の子のものが気に入っていて毎年使っています。こういう柄の服は手作りであることの面白さです。


ジャンスカの中に着ているタートルネックセーターも始めの頃は、ヤフオクで買った白いセーターを使っていました。
セーターも手作りするようになってウサギの柄があるものですが、ジャンスカの方の柄が強調されるのでこの頃はセーターは無地の方が良いように思えます。
それでも、無地のセーターをなかなか作り始めることができません。


浜松からの帰り道でしまむらさんに寄り、キッズコーナーではないところでネコ柄のニットのワンピを見つけ、どうしようか迷ったのですが買ってしまいました。中に着ているタートルネックセーターは昔どこかで買ったもので、しまってあるタンスの中でちょうでこの着ているような状態で、この組み合わせいいじゃないと決めました。始めはガウチョパンツを合わせていたのですが、ニットのワンピがけっこう長くガウチョパンツはやめました。
なお、外での撮影では太股裏側を怪我しないように、黒の薄めのストッキングを履かせています。

次週は「スタッドレスタイヤ」、「地元の河津桜」、「マーガレットのお花」の掲載予定です。


舞ちゃんも家へ着て3か月近くになり、気合いを入れて運ばなくていいのはホント助かります。写真ではわかりませんが接する私の目には、来た当初のきつい目の表情もずいぶんと穏やかな感じになりました。なお、胸が寂しい状態ですので、ツケパイ(写真上側)を小さくして盛って少しは胸があるようにしています。
ネットでは秘密のポケットと呼ばれる部分の内側には網のようなものが貼ってあり、それが上の1/3ほどが剥がれてホールが入れにくくなり網を取ってしまいました。写真下側に写っているホールは(Ju-C PUTI1)4cm径×12cmの小さめのものですが、それでも網のようなものがほぼきっちりです。その実践時の使用感はかなりキツキツで、私は網がないぐらいがいいです。


プロフィール

Author:勝
勝家には、等身大ドールとDD
「舞,花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター