fc2ブログ
コンテントヘッダー

7年目の車検!



本日、車の7年目の車検をそこそこの価格の整備工場に出します。3年目と5年目の車検は安さを売りにしているところで車検しましたが、3年目の段階でタイヤにヒビがあるから換えなとか、5年目には任意保険のことも言い出すのです。エンジンオイルの交換は自分でやっていますが、そんなにも車マニアでないちょっとかじった程度がいろいろと言われてしまう原因なのでしょう。新品のものを使わなければ安全が確保できないなんておかしいですよね。
さて、2025年あたりに太陽活動が極大化し、地磁気の変動なども加わり放射線量が増大します。アメリカでのトヨタ車の暴走事故が何件かありましたが、それには放射線の影響があるのではないかと言われています。現在発売されている車にはトヨタ車の教訓からある程度の放射線対策は施されていると思われますが、2025年あたりにはどのぐらい影響を受けるのでしょう?、まずは、車のメンテナンスの知識がわかるDVDを買って見ました。




スポンサーサイト



コンテントヘッダー

生命グループの輪廻について!



私が次元上昇(アセンション)を知ったのは、40年ほど前に母が亡くなってから、臨死体験の本から始まって、精神世界の数多くの本から得た知識です。宗教団体に所属せずに知識という形で自分の道をみつけて来たのです。
生命にはグループがあり、そのグループの大方の者はまとまってその活動場所を移って行くのですが、現在の地球にいるグループは次元上昇して次の天体に、別のグループが別の天体から地球に、あるいは、動物界の上位グループが人間として地球にやって来ます。そもそも、次元上昇(アセンション)は死後のたどる道をパスする方法とだけ理解していました。これは、死の恐怖から逃れたいという安易な考えからですが、でも、それがどうやったらできるかを調べる意欲になっていたのも事実です。
生命グループの輪廻を知ったとき思ったことは今のグループから外れる者がいることで、彼らは次に来るグループが地球に馴染までかなり待つことになるのです。それはその外れた生命の自由意志なので、私が悩むことではないのかもしれません。そもそも、グループのメンバーが均一の魂のレベルでないこともわかっています。でも、同じグループのメンバーは同じように一緒に輪廻して欲しいという仲間意識なのです。
画像は六道輪廻の図で、仏教の輪廻思想において、衆生がその業に従って死後に赴くべき六つの世界。 地獄道、餓鬼道、畜生道、阿修羅道、人間道、天道のことです。この図は生命グループの輪廻を表しているものではありません。


コンテントヘッダー

月周回衛星かぐや!

9月10日が今年の中秋の名月の日でした。今年の月は薄い雲を通して見ることになり、薄い雲も月明かりで輝いて月自体が大きく見えるほどでした。その月見は夕食後の散歩のときでJRの線路沿いです。その線路沿いは草むら状態で、この時期 "虫の音" が聞こえ、少し歩くと違う虫の音に替わり楽しいです。翌日は薄い雲もなくきれいでうさぎもはっきり見え、何か虫の音もいっそう合唱しているようでした。子供の頃、近くで捕った虫を家の縁の下に放し、秋は虫の音の大合唱であったことをこの時期楽しく想い出します。



YouTubeで都市伝説ものをよく見ています。アメリカのNASAの情報でアポロ11号の着陸時、UFOに監視されていた、月に都市があったなどです。
ところでJAXAの月周回衛星かぐやも2007年から2009年までハイビジョンカメラで月面を観測していました。そのデータを見ることができれば月に関する
都市伝説の真偽もはっきりするのではないでしょうか、いや、いつまでも都市伝説のままにせずにはっきりして欲しいのです。
ところで、月周回衛星かぐやの本当の名前は、ギリシア神話の月の女神セレネなんですね、今回この記事を書くときに知りました。
ネットで女神セレネを調べると、ギリシア神話で、小アジアのカリア地方に羊飼いの美少年がいて、 月の女神セレネは、ラトモス山中で眠っている少年を見て恋心を覚え、その美しさを飽かず眺めていられるよう、彼に永遠の眠りを与え、日が沈むと地上に降っては、若さを保ったまま眠りつづける恋人と夜をともにしたという。



かぐやは月にいる宇宙人を眠らせ、探索中はUFOとか月の都市を見えなくしていたのかも?、"名は体を表す" で、案外合っているのではないでしょうか。


コンテントヘッダー

次元上昇するとは!



次元上昇するとはどういうことか、人間の体は肉体だけではなく複数の体でできています。まず幽体(エーテル体)というのがあり、これは幽霊の体という漢字のように死を迎えると肉体から抜け出し肉体(死んだ自分)を見ることになります。それからしばらくすると三途の川とかお花畑とか言われる場所に行き、とても優しい愛に満ちたご先祖様の霊のお迎えを受けます。そこで肉体に戻る話が臨死体験としてYouTubeにも動画があります。そこらあたりで幽体(エーテル体)と感情体(アストラル体)は脱いで思考体(メンタル体)となり、ご自分の人生のことを細かに振り返りどの世界へ進むのかを決めます。脱ぐといってもその体の経験のエキスは魂の記憶として残され、その体でご自分の魂のふるさとに帰るのです。この度の次元上昇はこの思考体になることのようです。死後にたどる道を一気に飛び超えてしまうのです。
この次元上昇した魂のふるさとは同じような思考の仲間が集まっている村のようなところで、そこではまるでご自分が魔法使いになっている感じで、思うことはすぐに実現し、誰かに呼ばれればその方の元へ一瞬で行くことができ、それも何人の方に呼ばれても大丈夫なのです。
この魂のふるさとで肉体があったときの欲望が蘇ると、それが形となって現れ苦しむことになるのです。そして、あいつは良い・こいつは悪いとかの比べるような思考を二元論というのですが、その思考はできません。魂のふるさとでは、一元論つまりあいつはこいつよりはレベルが少し高いというぐらいの思考なのです。
さて、地球が次元上昇したらこの世界がどうなってしまうのかは私にもわかりません。魂のふるさとが地獄に化けてしまうような適応障害とならないためにも、ご自分で決め悪魔のささやき(誘惑)に立ち向かうことが大事になります。
なお、これらの情報には誤りが含まれているかもしれません。そのときはご容赦ください。


コンテントヘッダー

自分なりのルーティーン!



人間には弱い面が誰にでもあります。
自ら次元上昇を決断しても悪魔のささやき(誘惑)があり、意識の次元上昇を維持するのはかなり難しいです。ですから、猶予期間はとてもありがたいです。
そこで、私は自分なりのルーティーンをやっています。昔、五郎丸歩選手がキックのときルーティーンをやっていましたよね。まずは朝 【初音ミク】大祓詞 を聞いています。それから、過去に見た映画など(昔テレビ放送されたものの録画でブラザー・サン・シスター・ムーンなど)を見ています。今現在の感覚が昔とかなり違っていて、昔は目隠し状態で見ていたかのような気づきというか新鮮さに近いものがあります。
悪魔のささやき(誘惑)はかなりきついです。ご自分に合った精神性を高め・維持するルーティーンを見つける必要があります。
そして、世界ではセオリツヒメ様による浄化が進められその惨状を目にし、日本でも来週は秋雨前線上を台風11号が進む予想なのでかなりの雨が降りそうに思えます。皆さんの祈りで台風が穏やかに去ってくれれば助かります。


プロフィール

勝

Author:勝
勝家には、ドール「恋」と
DD「花,咲,桜,蕾」がいます。
母屋のサイト「春よ!来い!」の
「春の写真他」が主となります。

最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター